JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は成年後見人ですが、親族がよかれと思って被後見人の為に25万円の留袖を購入して通帳から引出たあとがあるのですが、認

解決済みの質問:

私は成年後見人ですが、親族がよかれと思って99才の被後見人の為に長寿の祝いに25万円の留袖を購入して通帳から引出たあとがあるのですが、認められますか?それとも買い取り必要ですか?そして処罰を受けるのですか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご不明の部分もありますが、ご相談者様は、ここでご相談されていると言うことは

司法書士の先生などの、専門職後見人ではなく、一般の親族後見人と言うことですね。

あるいは、ボランティアとしての市民後見人かもしれません。

法定後見か任意後見かでも違いは出てきますが、法定後見としてアドバイスが出来ればと

思います。

すでに、成年後見人として登記がされているのであれば(審判から15日後から開始です)

それ以後の被後見人の方の財産は、成年後見人であるご相談者様がすべて管理することに

なります。

つまり、ご親族の方が、どういう考え方でしようとしても、勝手に通帳から引き落とすのは

違法です。それは、後見制度を利用していないくとも同じです。

本人のためなら、ご親族様のお金から出すべきで、そう言うことはいらぬお節介です。

本来であれば、返還請求や留袖の売買も取り消さないといけません。

そのことは、家庭裁判所もしくは、成年後見監督人がいれば監督人に報告をしないといけませんが

それをすると、今度は、ご相談者様が通帳を管理して無かったことになって

問題でもありますから、そこは、示談で済ませた方が良いかもしれません。

とりあえず、家庭裁判所に報告されても良いでしょうが

成年後見人名義での通帳が金融機関で作成できますので

ご親族様と言えども勝手に使わせないことです。

通帳やカードもご相談者様が管理して下さい。

場合によっては後見人の解任もあり得ますが、今後は、大きな買い物をする時などは

事前に報告をさせて、ご相談者様の許可をとり家庭裁判所の指示をいちいち仰ぐうようにして下さい。

ご親族様の場合は、親族相盗例で、窃盗罪や横領罪は、民事での損害賠償を除いて

刑事事件にはできませんが、成年後見人は、ご親族でも業務上横領になりますのでご注意が

必要です。

ご親族様には、今後は、徹底しておくことです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


私は、被後見人の孫にあたります。転勤で東京に来ていて通帳管理を母にまけせていました。、裁判所から中間報告を求められて確認した所発覚しました。購入時期は7月頃です。今後どういった対応したらいいのですか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話しから、お孫様と言うことで親族後見人と言うことですね。

その帯留めはお母様が買われたのでしょうか?

考え方としては、被後見人の方が、自分で欲しいと言ったのであれば

意見は尊重して良い訳ですから、そう言う報告でも良いと思いますが

あくまでも、ご親族様の意思で勝手にやったのであれば

何とかして、お金は通帳に戻す算段をすることです。

例えば、そのお金がお小遣いの範囲であれば、お小遣いをためて買ったとも

言い訳ができますが、25万円は大きいですね。

いずれは、相続人の財産になるものかもしれませんが

一端、お金を戻させて、その旨、家庭裁判所には事情をご説明された方が良いでしょう。

また、今後の対応も検討されて、ご報告された方が良いでしょう。

仮に今回の件がお母様であれば、お母様も高齢ではないでしょうか。

その辺りの事情はくんでくれると思います。

今後の対策として、後見人を追加して複数後見人とする手もございます。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問