JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

隣の迷惑行為により、隣が家にいる、いないにかかわらず、自分の自宅にいるために 抗不安薬を服用しなければならなくなり

解決済みの質問:

隣の迷惑行為により、隣が家にいる、いないに かかわらず、自分の自宅にいるために
抗不安薬を服用しなければならなくなりました。

これまで何度も隣とは話し合っていますが、常識が違うようで、隣は自分のやりたいようにしか
やりません。

私道の一番奥に住んでいるため、隣の家の前を通らないと、公道にも出られず、
顔を合わさないように、隣が留守の時しか、外に出られません。

隣に引っ越してもらえるように、訴訟をおこしたいのですが、費用がないので、
自力でおこそうと思っていますが、方法を教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

そのような状況ではお辛いでしょうね。ご心痛お察しいたします。

訴訟を起こしたいとのことですが、もし訴訟を起こして勝訴したとしても、残念ながらお隣の方に引っ越しを強制することはできません。
裁判で認められる可能性があるのはあなたの治療費や精神的苦痛に対する慰謝料などの損害を賠償することだけです。もちろん、損害の賠償が認められることが一定の行動を抑止する効果はありますが、訴訟での根本的な解決は難しいでしょう。
また訴訟で勝つためにはあなたの側で隣の方の迷惑行為があった事実を個々に主張し、それらを証拠によって裏付けなければならず、自力での訴訟遂行は極めて難しいです。
上記を踏まえて、それでも慰謝料等の損害賠償のみ請求する訴訟を起こしたい場合は、こちらの記載例を参考に訴状を書いてあなたの住所を管轄する裁判所に提出してください。
http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_minzisosyou/syosiki_02_08/index.html

訴状の用紙は裁判所に備え付けてありますし、そのほかに必要なものは裁判所で教えてもらうことができます。
具体的に記載する内容についてはここでお伺いできる事情だけでアドバイスできるようなものではありませんので、そこをご自身で書けない場合は自力で訴訟を行うのは困難です。


裁判所の手続きで他に利用できるものとして、家庭裁判所の民事調停手続きであれば迷惑行為などについても話し合いができますし、必要な書類も難しくなく費用も低廉なので今回は訴訟よりもまず調停の申立をすることが良いのではないかと思います。
調停の申立をすると裁判所が決定した期日に相手を呼び出し、裁判所の調停委員が個別に話を聞くなどして問題の調整をしてくれますし、希望すればあなたが直接相手を会わないように手続きを進めてくれますので、訴訟のように裁判所で直接相手と対峙しなくても済みます。
民事調停の詳細についてはこちらをお読みください。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_10/

調停では相手を強制的に裁判所に来させることはできないのですが、裁判所で話し合って合意にいたった内容は訴訟の判決と同様に強制力を持たせることができますので、迷惑行為を行わないことを約束させ、約束を破った場合は慰謝料を払うといった合意をすることで迷惑行為を強く抑止する効果が期待できます。

質問者: 返答済み 3 年 前.


では、うちが隣が原因で、建てた家を引っ越す場合、残りのローンや引っ越し費用を


 


隣に負担させることは出来ませんか?。


 


 

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

裁判で損害の賠償が認められるのは、相手の不法行為によって生じた損害のうち相当な因果関係が認められる範囲内のものに限られます。

お隣の迷惑行為が原因で引っ越すことになったのであれば残りのローンや引っ越し費用を負担させたいとお考えになるのも無理はないと思いますが、残念ながら裁判所はそれらの費用について不法行為との因果関係を認めないでしょう。

ローンや引っ越し費用を損害として請求しても認められませんので、考えられる手段としては、例えば引っ越しせざるを得ないほど重い精神的苦痛を受けたといった主張で慰謝料として多く請求するという方法になります。

 

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問