JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

母が姪に対して不動産の持ち分につき公正証書で生前贈与していた場合、それを取り消すことはできますか?つまり、新たな公正

解決済みの質問:

母が姪に対して不動産の持ち分につき公正証書で生前贈与していた場合、それを取り消すことはできますか?つまり、新たな公正証書を作成することによりその効力が取り消される可能性はありますか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価 」の前に返信機能でご質問下さい。

贈与契約はお互いの合意により成立するものです。
一方の意思表示に欠陥がある場合、つまり質問者様のお母様が認知症により意思表示がしっかりできない場合には、その贈与契約は取り消すことができます。

しかし、公正証書を作成しに公証役場に行ったのであれば、意思表示も確認していると考えられますので、公正証書の無効を争うのは難しいです。ですが、医師の診断書により認知症であることが証明できれば無効を争うことが可能でしょう。

不明な点がありましたら補足しますので、返信してください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

返答、ありがとうございます。


母の認識としては、母の取り分が2分の1、姪の取り分が2分の1ということで公証役場に行ったので、母は自分が生前贈与していることはまったく知りません。その場合は意思表示が確認できていたといえるのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

 



2013年12月1日 5:01EST




返答、ありがとうございます。




母の認識としては、母の取り分が2分の1、姪の取り分が2分の1ということで公証役場に行ったので、母は自分が生前贈与していることはまったく知りません。その場合は意思表示が確認できていたといえるのでしょうか?



専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
取り分とは相続分のことでしょうか?お父さんの相続であればお母さんと質問者様で相続することになるはずですが、お父さんの遺言があったのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

相続分のことです。本来なら父の物件を母、私、姉と三分割するはずでしたが、姉が他界し、姉の一人娘の姪に姉の分の相続が。


父の遺言はありません。姪はどうやら母をそそのかして公証役場へ連れてゆき、母の父の物件の相続分やらを姪に生前贈与させたようです。公正証書化して。


 


ありがとうございます。


ご返信、お待ち申し上げます。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そういうことならば、相続分はお母さんが2分の1、質問者様が4分1、姪が4分の1の相続分になるはずですが、質問者様の相続分はどうしたのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

わたくしは何もまだ署名していないので4分の1は相続分あります。問題は母の相続分の2分の1を姪が生前贈与を受けたことによって、母の相続分がまったくなくなり、裸一貫になってしまうということです。


この母の2分の1の相続権利はもはや回復できないのでしょうか、というのが質問です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
なるほど、そういうこですか。

お母様の持分を姪に贈与したということですね。公正証書を作成しに公証役場に行ったならば、公証人の前での確認がされたでしょうから、意思表示を覆すのは困難です。それを覆すのは先ほども回答したように、認知症であることの診断書がないかぎり難しいです。
公証人の前で意思表示をするのは確実性を確保するものであり、覆すのは難しいのです。
shihoushoshikunをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問