JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2227
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お世話になります。 ご相談ですが、再婚をすることになったのですが、お互いに子供が居ます。 再婚に関して、女性から私の苗字になって欲しいと言われたのですが どのような意味がある

解決済みの質問:

お世話になります。
ご相談ですが、再婚をすることになったのですが、お互いに子供が居ます。
再婚に関して、女性から私の苗字になって欲しいと言われたのですが
どのような意味があるのでしょうか? 子供は別のようです。
仕事、子供、相続、手続き等現実的な具体的事例を
どのように理解しなければいけないのか
解りません。 また母親に説明できる自信がありません。
宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

確認させて下さい。質問者様の姓をA、相手の女性の姓をBとして、

再婚するに際して、相手の女性の姓となるBで結婚することにするのですか?
相手の女性のお子さんの姓はその女性と同じBなのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.
早々の返信ありがとうございます。
そうです、Bになります。子供もBの性になります。
私が、婿入りの感じです。Bが私のお墓に入って欲しいのと
自営業をしており、性を変えるのは困難と言われました。
私は、会社員ですので簡単だと言われたのですが、意味、意図がよく解りません。Bの資産相続や私の資産相続、何がどう変わるのか想像がつきません。宜しくお願い致します。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
相手の女性は自営をしているから姓を変えるのが困難で、質問者様が会社員をしているから簡単というのはあまり理由になりません。
しいて言うなら、どちらの姓を名乗りたいかということです。どちらの家のお墓に入るかも関係しています。
質問者様が相手の姓を名乗りたいのであれば、相手の姓を名乗って構いません。

相続に関しては、再婚した場合、まず、配偶者は相続人になります。つまり、質問者が亡くなった場合は相手の女性 が、相手の女性が亡くなった場合は質問者様が相続人になります。

問題はそれぞれのお子さんに関してです。質問者様または相手の女性が亡くなった場合、それぞれ自分のお子さんは相続人になります。
しかし、再婚しただけではそれぞれのお子さんに関しては親子関係が生じません。したがって、質問者様が亡くなっても、相手の女性のお子さんは相続人になりません。また、相手の女性が亡くなっても質問者様のお子さんは相続人になりません。
例えば、質問者様が亡くなった場合に相手の女性のお子さんも相続人になって欲しいならば、質問者様と相手の女性のお子さんの間で養子縁組をする必要があります。そうすれば質問者様が亡くなった場合の相続人は、再婚相手の女性と質問者様の実子、そして養子縁組した相手の女性のお子さんの三人ということになります。
再婚相手の女性に関しても、質問者様のお子さんと養子縁組をすれば相続人になることができます。

なお、どちらの姓を名乗るかによって相続関係が変わることはありません。

質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。
相続について理解できましたが、結婚の場合、慣例的に男性苗字名乗ることが一般的と思うのですが、母親、子供には、どのように説明すれば、安心させられますか? 何か家族に不便をかけたり、形見の狭い思いをさせることは無いでしょうか? 心配です。
最後、宜しくお願い致します。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>慣例的に男性苗字名乗る ことが一般的と思うのですが、母親、子供には、どのように説明すれば、安心させられますか?
→確かに一般的には男性の姓を名乗るので、困惑されるかもしれません。また、質問者様のお子さんは質問者様が再婚して再婚相手と養子縁組すると姓が変わりますので、姓が変わることの説明もしなければなりません。
また、姓を相手のものにしたとしても、相続関係に何ら変わりはなく、不便や肩身の狭い思いをすることはありません。

そのことを話していくことで感情的にも気遣いを示すことにより、説得していくようにしましょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

そうですか?ありがとうございます。かなり理解できました。


最後に具体的な事例ですが、私の苗字がBになると 


①現在のAの世帯主は誰になるのでしょうか? 


②現在の自宅の表札は変えるべきでしょうか? 


③私の母親が死んだ場合の相続は誰に?


④子供が結婚するときに父親が別性だと問題ありませんか?


⑤現在の保険証に変化?と家族の保険証の発行はできるのでしょうか?


⑥住民票はどのように変えないといけないのか?


⑦通帳関係は、Bの性に変更するとBの所有物になるのでしょうか?


⑧長男ですが、お墓の継承に問題は? 私が他界した時、どちらのお墓に入るべきでしょうか?


⑨AとBの財産、負債等は、両者の共有なんでしょうか?


⑩最後に苗字を変える効率的な手続きの手順を教えて頂ければ助かります。


 


よろしくお願い申し上げます。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
①現在のAの世帯主は誰になるのでしょうか? 
→世帯主は主にその世帯の生計を維持している者がなります。したがって戸籍とは違う問題であり、質問者様か再婚相手のどちらが世帯主になっても構いません。質問者様を世帯主としたいのであれば、そのまま世帯主となります。


②現在の自宅の表札は変えるべきでしょうか? 
→それは質問者様の自由です。変えなくても罰せられることはありませんので、変えなくても構いませんが、郵便局の配達員が困るかもしれませんね。


③私の母親が死んだ場合の相続は誰に?
→父親と健在で、質問者様に他に兄弟がいるならば、父親と質問者様と兄弟が相続人です。
父親や兄弟がいないなら、質問者様だけが相続人です。

④子供が結婚するときに父親が別性だと問題ありませんか?
→問題ありません。

⑤現在の保険証に変化?と家族の保険証の発行はできるのでしょうか?
→質問者 様の姓が変わります。家族の保険証も発行されます。

⑥住民票はどのように変えないといけないのか?
→役所に行って婚姻届や養子縁組届を提出すれば役所の人が手続きしてくれるので、質問者様がすることはありません。

⑦通帳関係は、Bの性に変更するとBの所有物になるのでしょうか?
→なりません。あくまで、婚姻前の財産は質問者様のものです。

⑧長男ですが、お墓の継承に問題は? 私が他界した時、どちらのお墓に入るべきでしょうか?
→相続の件は何度も言ってますが、姓が変わっても同じです。ですからお墓も相続できますが、承継するかしないかは質問者様と親族で話し合うことです。どちらのお墓に入るかも話し合いです。法律的な決まりはありません。


⑨AとBの財産、負債等は、両者の共有なんでしょうか?
→婚姻前の財産、負債はそれぞれ個別のものです。婚姻したからといって共有になることはありません。

⑩最後に苗字を変える効率的な手続きの手順を教えて頂ければ助かります。
→婚姻届を出せば自動的に姓は変わります。役所に婚姻届を出せばいいのです。質問者様のお子さんは養子縁組届を出せばいいのです。




shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問