JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

50代子供無し(13年前にお互い再婚)です。転勤族で、現在の居住地に転居の日に、夫は仕事との事で、一切手伝ってもらえず、転居翌日急用で携帯へ連絡するも連絡取れず、会社に連絡し仕事と

解決済みの質問:

50代子供無し(13年前にお互い再婚)です。転勤族で、現在の居住地に転居の日に、夫は仕事との事で、一切手伝ってもらえず、転居翌日急用で携帯へ連絡するも連絡取れず、会社に連絡し仕事と言うのは嘘だったと解りがっかりし、情けなくなりました。それから5日間連絡有りませんでした。

理由は、その件で攻められると思ったので連絡しなかったと聞いて呆れてしまいました。

それからは、会話もなくなり夫婦関係もギクシャクし、私は、それからは、何も聞かない
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


ご質問が記載されていませんが、どのような相談でしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

 


50代子供無し(13年前にお互い再婚)です。転勤族で、現在の居住地に転居の日に、夫は仕事との事で、一切手伝ってもらえず、転居翌日急用で携帯へ連絡するも連絡取れず、会社に連絡し仕事と言うのは嘘だったと解りがっかりし、情けなくなりました。それから5日間連絡有りませんでした。


理由は、その件で攻められると思ったので連絡しなかったと聞いて呆れてしまいました。


それからは、会話もなくなり夫婦関係もギクシャクし、私は、それからは、何も聞かないことにしました。 「残業で帰れない・残業なので実家に泊まる」という日が、日を追うごとに増え(メールのみの連絡)月に1度や2か月に1度小使い(月4万位)を取りに来る程度でしたが、ここ5か月は自宅に寝ていません。(1年6か月位はまともに帰ってきてません) 本人は実家が、ネットカフェに寝てると言ってましたが、殆ど実家には行ってないようです。 探偵等使って、住処を調べたほうが良いでしょうか?


最近、給与天引きで積み立てた、年金保険を解約したことが解りました。百数十万手元に入ったと思われます。小使いを振り込んで欲しいとの要求に、保険解約の明細を見せて!と言ったら、給与の振込先を変更し小使いを取ってから、生活費を振込ます。と勝手に変えてしましました。自宅に、車を取りに来ても、自宅には上がらず、車だけ持って行き、返しに来ても上がりません。(解約返戻金について聞かれたくないからだと思います)


普段から、お金にだらしなく賭け事・風俗が好きなので、(借金も数百万あります)


これから先毎月生活費を振り込んで貰えるか不安でアルバイトを始めましたが、生活費としては足りません


数年おきに転勤ですが、今のような状態で、又一緒に生活する自信も全くなく、将来離婚も考えて居ますが、生活費を貰えなくたった場合何か、法的に方法はありますか?また、転勤が決まってついて行かなかった場合、離婚の時に不利になりますか?


精神的に参って、病院に通っていますが、医師もどうしようもないご主人だから離婚するのが一番で体調も良くなると行ってますが、ストレスの原因は夫なので、診断書も書いてくれるといってますが。


まじかに迫った転勤と、将来の離婚に向けて、今、何をすべきでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>生活費を貰えなくたった場合何か、法的に方法はありますか? →生活費をもらえなくなっ た場合は、家庭裁判所に婚姻費用の請求を申し立てることによって、生活費をもらうことができます。法的に配偶者は質問者様を養う必要がありますので、その権利を主張することが可能です。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
追記です。

>また、転勤が決まってついて行かなかった場合、離婚の時に不利になりますか?
→特に不利になることはありません。離婚を考えておら れるなら、別居することも一つの選択と言えましょう。その際にも家庭裁判所に婚姻費用の請求を申し立てれば、別居時から離婚するまで配偶者から生活費を支払うように請求することができます。

離婚に向けて今からできることは、精神的なDVによる慰謝料(50万円から200万円くらいです)を請求するために、きちんと病院の診断書を書いてもらいましょう。とはいえ配偶者には借金もあるということなので、実際に払える能力があるかは定かではありませんが、収入があるということな ので分割払いでも支払ってもらいたいところでしょう。あとは配偶者の給料の振り込み先や、その他の銀行口座を把握しておくと、生活費の請求の時に差し押さえすることができるので、可能ならば調べておきたいところでしょう。もし、難しいならば給料自体を差し押さえることもできますので大丈夫ですが、知っておいて損はありません。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.



質問者: 返答済み 3 年 前.

生活費として請求出来る金額は、どのように算出するのでしょか?


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
婚姻費用は基本的にお互いの収入に応じて算出されます。

下記の家庭裁判所の婚姻費用算出表を参考に決められます。

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
何か不足がありましたか?

法律 についての関連する質問