JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

回答ありがとうございます、私は既に離婚致してます、そして調停の準備もし12月5日に開かれる予定でしたが 相手が察知

解決済みの質問:

回答ありがとうございます、私は既に離婚致してます、そして調停の準備もし12月5日に開かれる予定でしたが
相手が察知し国(ミャンマー)に1年のみなし帰国をしてしまいました、相手に調停の呼出し状は届いていません
(呼出し状は封を見てそのままにした可能性はあります)しかし私は相手が帰国した事は知らない事になってまして 出国前の住所も知っていますのでそちら宛に呼出し状を送り直して貰うようにも考えたのですが調停は取り消しの手続きを取ってしまったとの事です(ちなみにミャンマーの住所も知っています)、治療費は立替金として内容証明で送ってますが一度の連絡もありませんでした。入管は相手が入国すれば調査をするとの事ですが、その情報は私個人には教えられないとの事です

相手が相談しているグループの一人は私たちの成り行きから出国に至るまで全て知ってい、相手の嘘も承知で
一緒になり私の悪口を吹聴しています。
その人がそれは事実と違うと言えば相手はそれ以上の嘘は言えず嘘の積み重ねはできなくなり、私の立場が
侮辱に溢れる事もありませんでした、実際優しくしてあげてね、とかかってに離婚してかってに請求書を送ってきたりと真逆な事を言われています、相手の話を嘘と知りながら否定せず一緒になり吹聴したその人にも名誉を著しく傷つけられました。

離婚協議書とは都のようなものなのでしようか。
私は相手がもう日本で日本の保険を使った生活をしてほしくないと思っています。

私が今後出来る事がありましたらお教え下さい、お願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

誠に申し訳ございませんが、ご質問をされた場合は、一度、評価をして

新しく質問がある場合に、新規にご投稿ください。

今回のような追加のご質問は、返信でその質問内でできます。

前回のご質問の評価の方もお願い致します。

 それでは、新規のご質問にお答え致します。

既に離婚しているとなると、離婚協議書の作成に応じるかどうかは難しいところです。

一般的に、離婚協議書を先に公正証書等で作成して離婚条件を決めてからの

離婚届の提出になります。

離婚した後は、話し合いに応じずに逃げてしまうことも多いのです。

ただ、時効があるので、財産分与は2年、慰謝料請求は3年と

それぞれ、離婚時からその期間請求できます。

特に、公正証書の場合は、金銭の債権債務に強く、未払い等有れば

強制執行が可能なものです。

離婚をしてしまったとしても、離婚協議書は作成できますが

今回は、不当利得返還請求と名誉棄損による不法行為の慰謝料請求もする形の

金銭消費貸借契約書を公正証書で作成されると良いでしょう。

いずれにしても、元ご主人様が、日本に帰国してからの話となるでしょう。

これらの作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の回答ありがとうございます


[ 今回は、不当利得返還請求と名誉棄損による不法行為の慰謝料請求もする形の金銭消費貸借契約書を公正証書で作成されると良いでしょう。]


 


上記の公正証書の作成大変為になりました、是非作成をしておきたいと思います、調停は取り消しをしてしまいましたので何か事の事実として残しておきたいと思います、宜しければ


どなたかご紹介いただく事は出来ませんでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが、こちらのサイトでは、専門家のご紹介や

個別の案件のご依頼を受けられないシステムとなっておりますのでご了承ください。

とても残念ではあります。

弁護士の先生にご依頼と言うことであれば「法テラス」か都道府県の弁護士会に

ご相談下さい。

案件としては、行政書士の先生でも良いと思いますので、行政書士会にご相談下さい。

少しでもお役に立ちましたら評価の方もお願い致します。

法律 についての関連する質問