JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4810
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

弁護士の成功報酬に関する質問です。 案件は離婚訴訟で、1年前に夫は妻に対し離婚訴訟を提起し、妻は同居を子供とともに

解決済みの質問:

弁護士の成功報酬に関する質問です。
案件 は離婚訴訟で、1年前に夫は妻に対し離婚訴訟を提起し、妻は同居を子供とともにやめて別居し婚費の請求調停を家裁に申し立てた。
その間夫から妻へは暫定的な婚費として月額8万円が支払われていた。
離婚訴訟は継続中であるが、今年8月に婚費の決定が月額7万円で結審、妻はこれを不服として東京高裁に上告し、10月に月額10万円で結審した。
今般都合により弁護士と変更するにあたり、弁護士より月額10万円×2年分×10%=24万円の請求が妻に来ている。
この場合の成功報酬は、上告審で増額となった分または既存利益8万円から増額となった分になると思うのだが?
(3万円×2年分×10%または2万円×2年分×10%)
ちなみに、離婚訴訟着手金は別途30万円支払い済、婚費分担着手金は請求もなかったので支払っていない。
よろしくご回答お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様は、奥様側と言うことでしょうか?

私は、弁護士ではありませんが、一般的な経済的利益のお話を差し上げますので

ご参考にして下さい。

まず、現在は、どの士業(専門家)の先生も、自由報酬制度になっておりますので

報酬額は、弁護士事務所ごとに異なることをご理解ください。

とは言え、多くの弁護士事務所が、旧来の弁護士報酬額基準を利用しているのも事実です。

さて、経済的利益の考え方ですが、よく、以前のご自分達での交渉での金額との

差額が、経済的利益とお考えの方も多いのですが

それは間違った認識と言えます。ただし、プラスの場合です。

つまり、今回のケースですと、弁護士の先生が入る前の決定には、拘束力が無く

争いのもとになると考えます。

弁護士の先生が入るからには、交渉がゼロからスタートすると考えて

その結果、得た利益すべてが、経済的利益の対象で、差額ではありません。

逆に減額の時は、請求額との差額が経済的利益となります。

そう言う意味では、お話の内容は、一般的なものとお考えになっても良いと思います。

また、一般的には、審級ごとに追加着手金が必要と言われていますから

そこはご確認されておいた方が良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.


相談者の立場を知らせずに相談したこと、申し訳ありません。


ご指摘の通り、妻側からの相談です。


 


上記の場合、夫からの婚費の支払については争いがなく(8万円を支払っていた)、その金額を争っていたので、裁判によって婚費受領の権利を得たを考えるのは難しいのではないのでしょうか?


なぜならば、月額8万円の婚費は婚費請求の調停以前より支払われており、調停は婚費の増額を目的として行われたものだからです。


 


裁判での結審は「当初8万円であったものが7万円となった」ことについては明らかに「敗訴」、その後の上告審で3万円が増額となったのでその部分が成功部分とは言えないでしょうか?


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

先ほど評価なしで送信してしまいました。


失礼しました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先ほど評価なしで送信してしまいました。


失礼しました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

先ほど評価なしで送信してしまいました。


失礼しました。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

確かに、調停が入ると、いろいろややこしい部分はあると思います。

ただ、個人で決めた調停以前の部分は、確定ではないと言う判断でしょうし

調停になっても、結果としてもめているのも、確定ではないと言う判断かもしれません。

また、弁護士の先生は、あまりお金にならないことは、正直な話、関わりたがらないので

文句を言っても良いでしょうが、あまり良い顔はしないでしょうし

今後益々信頼関係が失われていくかもしれません。

とりあえず、弁護士の先生に直接説明を求めても良いでしょう。それはしなくてはいけません。

法的に、報酬額が決まっている訳でもなく、説明不足だとクレームするなりして

ごねてみるのも手です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問