JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

労働問題について質問いたします。先日働いている会社に退職願を提出しております。最初は一ヶ月日程はダメだと主張した上司

解決済みの質問:

労働問題について質問いたします。先日働いている会社に退職願を提出しております。最初は一ヶ月日程はダメだと主張した上司が突然日程とおり認めるが情報漏えいなどないか調べるとしてまだ日程が三週間残っているのに、パソコンを取り上げ調べを開始しました。翌日、メールなどチェックされたあと呼ばれ、会社の情報を漏えいしたとの理由で、他の三人の管理職に指示し、別の部屋で「 退職願に日程は提出した通りでいいが、情報漏洩したことを追加して再提出して」と2時間家に帰ることもできなく、脅迫されました。提出は当然してないし、最後は「110番通報するぞ」と携帯電話取り出して番号まで押したら逃がしてくれました。このような行為はパワーハラスメントは勿論、法律も違反すると思いますが、今後どう対応すれば良いのでしょうか?情報漏洩としても、前職の先輩に業務について相談したことなど数字など含まれていますが、機密情報(会社が厳重に管理するデータではない)ではありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 自己都合退職をされる場合になぜ秘密保持義務違反があった旨の付記をするのか解せません。

 

 情報漏えいがあったことの立証責任は会社がわにあります。

 

 それをうっちゃやかして、ひとえに脅迫した場合は、脅迫罪(刑222条)に該当します。

>別の部屋で「 退職願に日程は提出した通りでいいが、情報漏洩したことを追加して再提出して」と2時間家に帰ることもできなく、脅迫されました

→同時に監禁罪(刑220条)も成立します。

刑事告訴が相当です。

 

 

 ついで、退職に関して、このような不法行為(民709条)をなされたことについて、慰謝料請求が可能です。この点は、あっせん、労働審判等が可能です。

 

 ベストは、上記のような法的主張をして(内容証明等で)、 >退職願に日程は提出した通りでいいが、情報漏洩したことを追加して再提出して」>→このようないわば出すぎたあつかましい主張をひっこめさせることです。

 

 ※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問