JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

友人が外国人です。仕事関連の人(社長)がとくしゅうかい?の会長(今テレビでニュースされている)と一緒に写真をとったも

解決済みの質問:

友人が外国人です。仕事関連の人(社長)がとくしゅうかい?の会長(今テレビでニュースされている)と一緒に写真をとったものを見せてこれか らこのビジネスしかない。と言われていたのが、急に、「この仕事辞めることになったから。」と言われました。友人は「あのテレビたしかあの写真の人だったよ。詐欺みたいな、いいニュースじゃなかったよ。」と言われました。何であれだけ頑張っていた仕事を辞めることになったのか私も引っかかり、違うビジネスを勧めるので、断り文句でちょっと聞いたのですが、と友達の名前をだしてテレビの事をメールで社長に送った所、激怒されて名誉毀損で訴えると言われています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
名誉という言葉には、対象となる本人のプライドという内面的な側面と、
本人の名声や社会的地位といった対外的な側面があります。
この内、刑法が定めている名誉毀損というのは、一般的に後者のみを
指すとされています。
例えば、○○さんは、取引先の××さんから賄賂をもらっている、というような
噂を広められると、その人の社会的地位が低下することになります。
このような場合に、名誉毀損となるのです。
(なお、この内容が真実であるかどうかは、名誉毀損の成立には原則
として関係ありませんが、公益性の観点から、真実である場合には、
犯罪とならない場合もあります。)

したがって、今回のように当事者同士のメールや会話での発言が相手の
気分を害したとしても、名誉毀損にはなりません。

ですので、訴える、という部分については特に気にされる必要はありません。
ただ、もともと勧誘を受けていて断りたかったというところからのスタートですから、
この点を落ち着いて考えた上で、社長さんとの関係を修復すべきなのか、
という観点から、謝罪に行くのかどうかを決められたらよいでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.
ビジネスとしては上手く付き合う事が難しい方です。謝罪に行くといろいろ問題になると思います。ただ何度も電話がかかったり、留守電に謝罪に来い!と入るので、そのうち家まで来るのではないかと心配です。和解する良い方法はありますか?まだ友人が社長を見てないと言う事、私が勘違いした事を話していません。メールもまた証拠として残るので、怖くて書けません。
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
このままでは、勘違いして送信したメールだけが記録として残っています。
勘違いされていたのであれば、そのことをメールで送信することで、
その先のメールに対する訂正とお詫びが記録として残りますから、
むしろ好ましいといえます。

関係の修復が前提であれば、謝罪をしたことを記録に残す意味で、メールと
直接の謝罪との併用が好ましいかと思いますが、積極的に今後も付き合い
たい方ではないということであれば、メールのみでも構わないものと考えます。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問