JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

一般財団法人を設立しましたが、内部分裂しました。  法人設立時の趣旨実行が不可能となり、また理事長派とある理事派と

質問者の質問

一般財団法人を設立しましたが、内部分裂しました。 
法人設立時の趣旨実行が不 可能となり、また理事長派とある理事派と分裂しました。
この財団は一人30万円を関係者が拠出し現金180万円あります。 定款にはこのことは記入されておりません
300万円の設立資金が不足しているので1000万円相当の物品を拠出してあります。
これは定款に書いてあります。 

このまま運営が不可能なので、理事長派は財団を抜けたいと考えていますが、その際に
拠出した物品やお金を変換してもらう事は可能なのでしょうか?

また、どのようにしたら変換することができますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

出資金として財団に拠出した金品は財団という個人とは独立した法人の資産となっているため、残念ながらご質問のような事情でこれを払い戻すことはできません。
また、財団法人は株式会社などと違って出資者に残余財産の分配を受ける権利を与える旨の定款の定めをすることが法律で禁止されているため、財団を解散した場合でも出資者は出資金品の返還を受けることはできないことになっています。
他方、関係者が拠出した金品が出資金ではなく財団に貸し付けたものであれば、その返済を受けることはできます。

もし出資金として拠出した金品を返してもらいたい場合は財団の資産から払い戻すのではなく、財団に残る理事派個人の財産から拠出するよう話し会うほかないです。ただし、相手が応じなくても強制的に払わせることはできません。
理事長派の役員、評議員が穏便に辞任し理事派の体制に移行する交換条件とするなどして、交渉するのが良いでしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

大変詳しくお答えいただきまして、とても参考になりました。 ありがとうございました。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

こちらこそ、評価をいただきありがとうとざいました。

法律 についての関連する質問