JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

80歳の義母のことで相談です。非識字者で移動やコミュニケーションにも困難があるため、長男と長男の妻(相談者)とでずっ

解決済みの質問:

80歳の義母のことで相談です。非識字者で移動やコミュニケーションにも困難があるため、長男と長男の妻(相談者)とでずっと支援してきました。年金、財産など一切ありません。2013年11月にようやく知的障害の認定を受けることができ、もうすぐ手帳が交付されるところです。
かつて、彼女の戸籍を調べたところ夫との間に離婚手続きが済んでいないことがわかりました。この夫とは20年来音信不通だそうです。住所などはわかりません。義母も息子(相談者の夫)も、離婚が成立していると言っていましたが勘違いだったようです。離婚手続 きを勧めた方がいいと思って、弁護士さんに相談したら財産も無く、相続の問題もないので無理に手続きしなくてもいいのではないかというお答えを得て、そのままにしていました。
ところがこの義母が2013年9月に大腸がんになり、手術を受けました。長男妻が結婚以来かけてきた医療保険(入院保険とがん保険)の請求に際して、法定相続人の確認をしてほしいといわれたのです。音信不通ということで保険の請求はできたのですが、やはり気になるので、きちんと離婚手続きをしたほうがいいように思うのですがどんなものでしょうか。離婚手続きにしろ、後見人制度の申請にせよ、お金がかかるものばかりなので、できれば出費を最小限にしたいのですが、どうしたらいいものでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

離婚についてですが、本人がなんとか離婚届さえ書けば手続はそれで終わります。
むしろ、そうするしかないくらいです。
離婚は本人の意思が尊重されますから、第三者が代わって進めてあげることはできないのです。それができると、勝手に離婚が成立させられてしまいますからね。
もしくは、義母の夫に離婚手続を進めてもらうことです。
配偶者が精神病にかかると離婚をすることができます。本件でもそれに準じて考えることができますから、義母の夫に進めてもらうことは可能といえるでしょう。

いずれにせよ、離婚はお金を一切かけずに進めることが可能です。

後見についてですが、どうしてもお金の節約を優先したいのならば、ご自身で手続をするしかありません。
弁護士に依頼するのではなく、法律相談を2~3回受けながら進めれば、安心です。
手続自体はしっかりと書類をそろえて提出すれば、法的な知識などは要求されません。
必要書類についても、裁判所のサイトや書籍にも載っていますから、すぐわかるはずです。

個人的には、かなり大事なことなので、お金をかけてでも慎重に進めるべきだと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

義母の夫とは音信不通です。探そうとすれば探せなくはないらしいですが、それをするリスクのほうが大きいと思います。


義母がひとりで離婚届けを書いて、ひとりで提出すればそれで離婚が成立するのですか?


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
音信不通なのでしたら、離婚は可能です。

勝手に書いてしまうわけにはいきません(役所が事情を知らず受理してしまう可能性はありますが・・・)ので、裁判を提起して、離婚を成立させることが必要です。
音信不通なのですから、反論されることもなく、裁判としては難しくありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

やはり裁判が必要なのですよね。裁判の提起の仕方を知りたいのです。相手方は音信不通であるといって、家裁に行けば手続きの仕方を教えてくれるのでしょうか。相手方に確認はいくのでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
裁判の提起は、訴状を書いて、郵便切手を添えて(金額は裁判所によって異なるので問い合わせるしかありません。)、収入印紙を貼って送るだけです。
いたってシンプルです。
訴状の内容は、ケースによって異なるので、ここでは教えきれません。

しかし、このシンプルな作業ができないからこそ、みなさん弁護士に依頼するわけですし、
私もそうした方がいいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

相手方に確認はいくのですか?つまり裁判所は相手方を探すのでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
もちろん、相手にも確認は行きますよ。

裁判所は探してくれません。

住民票からたどっていく作業が必要です。

いずれにせよ、面談の法律相談くらいは受けた方がいいです。
それすらも惜しいというのであれば、やはり全部自力でやるしかありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

最後の質問です。


 


「住民票からたどっていく」のは申し立て者ですか?音信不通である、居住地不明のまま訴状を提出することは可能なのでしょうか。そこが一番知りたかったことなのです。これを教えていただければ質問を終えて謝礼をお支払いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
もちろん、こちらでやるしかありません。
その結果、居住地不明ならば、そのまま提出することになります。

そして、行方不明なので、訴状を送りようがありませんので、裁判所前に掲示するだけです。

すでに書きましたが、反論がないのですから、訴訟の中身としては簡単に進みます。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問