JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

お世話になります。よろしくご指導ください。 30年前に亡父が、遊技場(パチンコ店)の建物と駐車場に土地を賃貸し、自治会の集会所を置いて、その地代は遊技場が払ってきました。この度、

解決済みの質問:

お世話になります。よろしくご指導ください。
30年前に亡父が、遊技場(パチンコ店)の建物と駐車場に土地を賃貸し、自治会の集会所を置いて、その地代は遊技場が払ってきました。この度、遊技場が閉店することになり、集会所の扱いはどのように扱ったらよろしいでしょうか。

30年前の覚書を今日、当時の自治会長から覚書をみせてもらいました。
「念書…地主、事業主、自治会役員の協議に於いて半永久的の土地使用ついて自治会に提供する。事業主変更あるも地主は自治会集会所で使用する土地は次の契約時に於いても継続できる事を約束する。土地使用料は無料とする。昭和55年…」、父署名捺印(三文判、地主、事業主、自治会役員の三者連名) とあります。

土地は、母が相続しています。
どこまで有効なことなのか、ご教示ください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  地上権であると思われます。これは他人の土地を使用しうる権利ですが、土地使用の対価たる地代は、地上権の要素ではありません。

 

 また永久の地上権が認められるか、というに、判例はこれを認めています(大判明36.11.16)。その理由は、永久の地上権は所有権を虚有権化して土地の利用改良を妨げるという一般否定説の論拠は、土地所有権の機能がたんなる地代徴収権と化した現代の社会状態に適しない、というにあります。

 

 この見解によれば、念書は有効ということになります。

 

 なお、地上権買取請求権というのがあり、地主が時価を提供してそれを買い取るべきことを通知したときは、地上権者は、正当の理由なくこれを拒みえないとされています(民269条1項但)。

 

 対抗力については、建物保護法によって、地上権者がその地上に有する建物について登記があれば、地上権の登記がなくても、これをもって第三者に対抗できます(同法第1条1項)。

 

 一番よいのは、新たに地上権の取り決め(地代を含めて)をすることです。

 

 ※民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 3 年 前.

下記のことが理解できません。(勉強不足で申し訳ありません。)もう少し分かりやすい表現がございましたら、お教えください。


 


その理由は、永久の地上権は所有権を虚有権化して土地の利用改良を妨げるという一般否定説の論拠は、土地所有権の機能がたんなる地代徴収権と化した現代の社会状態に適しない、というにあります。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>永久の地上権は所有権を虚有権化して土地の利用改良を妨げるという一般否定説の論拠は、土地所有権の機能がたんなる地代徴収権と化した現代の社会状態に適しない、

 

→永久の地上権を認めると、所有権者の土地利用が妨げられるというのが、否定説の根拠である、しかしこれは所有権がたんなる地代徴収権と化した現代ではあてはまらない(よって、否定説はとることを得ない)という論法です。ー永久の地上権を肯定する説の根拠です。

 

 理論的にはそういうことですが、質問者様がどうしたいのか、ということが最も重要です。どうも地代・存続期間も含めて権利関係がぐちゃぐちゃのように思えますが・・・・・・・。

 

※民事法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。


kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 事案の概要も説明せず漫然と質問を重ねて、あげくに理由のないマイナス評価をするのはサイト規約違反です。 

質問者: 返答済み 3 年 前.

…ぐちゃぐちゃのように思えますが・・、という表現は、納得できませんでした。こちらが、頭を下げて聞いておりますのに、ぞんざいな言葉で、また表現が一般市民向けの言葉でなく、誠意不足を感じました。

質問者: 返答済み 3 年 前.

…ぐちゃぐちゃのように思えますが・・、という表現は、納得できませんでした。こちらが、頭を下げて聞いておりますのに、ぞんざいな言葉で、また表現が一般市民向けの言葉でなく、誠意不足を感じました。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

最初の回答者が回答を続けることを辞退しましたので、もしよろしければ私または他の専門家より異なった観点からの回答を差し上げることが可能です。

まだ回答を必要とされていましたら、改めてこのご質問を再投稿してください。

法律 についての関連する質問