JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

財産分与について教えてください。  昨年母親が亡くなり、10月に財産分与に関する話し合いがあり、母親と生活して

質問者の質問

財産分与について教えてください。

 昨年母親が亡くなり、10月に財産分与に関する話し合いがあり、母親と生活していた兄が全財産を相続することで、兄弟が同意し ました。
 しかし、じっくり考えて見てみると、私は納得ができません。そんな折、財産分割協議書が送られてきて、財産放棄について捺印等を求められています。まだ、捺印はしておりません。
 私としては、法定相続分は調停に持ち込んでも請求したいと考えています。このような場合、司法書士の方に相談したほうが良いのでしょうか、それとも弁護士の方に相談したほうが良いのか、教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。

よろしくお願いいたします。

まず、代理人に関することについてお答えします。

遺産分割に関する調停は、家庭裁判所で行います。

司法書士は、法律上家庭裁判所での代理権を持っていませんので、司法書士に依頼した場合、司法書士さんは調停に直接参加出来ません。

調停は、調停室という会議室のようなと ころで、調停員2名が必ず参加し、随時家事審判官(裁判官のこと)1名が参加して、相手方と交互に協議を行います。

司法書士さんはその調停室に入ることができません。

ですから、あなたが直接調停委員や家事審判官とやりとりしないといけないのです。(もちろん、調停室の外で、司法書士さんは待機していてくれてアドバイスしてくれると思いますが。)

弁護士は、裁判所の手続すべての代理人になれますので、調停にも弁護士が参加して、あなたの意見を直接代弁できます。

この意味で、弁護士を選任するのが適切だと思います。

相談だけでいいのであれば、司法書士さんでもいいと思います。
どちらが能力があるか、ということでは、制度上、弁護士の方が、紛争の専門家としての訓練を受けていることが担保されていますので、一般論としては弁護士の方が望ましいといえます。しかし、司法書士さんでも、相続関係について詳しく勉強されている方もいますので、司法書士はだめ、とはいえません。
あとは、相談する具体的な司法書士、弁護士との相性やその人の具体的なスキル次第といえます。

次に、遺産分割協議について話します。

遺言がない場合、原則、相続人同士の話し合いで、遺産を分けることになります。
その話し合いで合意ができたら遺産分割協議書を作ります。

遺産分割協議は、あくまで話し合いで作成するものですから、内容に納得ができない場合、署名捺印する必要はありません。
当事者での話し合いができない以上は、裁判所で、調停、審判をすることになります。

調停、審判の場合、ほぼ、法律で決まっている相続分に従った分割となります。
寄与分という制度等、法定の相続分を変更調整する制度がありますが、それは、それによって利益を受ける側が、寄与分の主張と、寄与分制度の要件を見たることを立証をしないといけません。

また寄与分はなかなか認められません。特に介護関係は、親子であれば当然するべき義務といえるので、よほど、遺産の増加に寄与したといえないと認められない傾向になります。

お兄さんは寄与分等の主張をしてくる可能性がありますが、それはお兄さんが主張立証するべき事なので、あなたとしては、法定相続分を求めて、調停を起こせばいいと思います。

以上でいかがでしょうか。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

遺産分割協議書はどうしたらよいのでしょうか?このまま放置していても大丈夫なんでしょうか?

専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
回答が遅れました。
本日は休暇でしたので、申し訳ありません。

さて、遺産分割協議書は、全員が署名押印しないと意味がありません。

金融機関、法務局等に提出してもなにもできません。

当該書面に記載されている内容の遺産分割協議(案)に納得できない以上、署名押印せず、そのまま放置してもかまいません。
相手が返してほしいと言ったら返してもかまいません。

返却するばあい、相手方の希望(主張)はわかるので、写しを取っておいて下さい。

法律 についての関連する質問