JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

懲役2年執行猶予5年の判決を受け刑確定から4年が経過しようとしている者です。 先日車3台の玉突き事故を起こして

解決済みの質問:

懲役2年執行猶予5年の判決を受け刑確定から4年が経過しようとしている者です。

先日車3台の玉突き事故を起こしてしまいました。

執行猶予の取消を受けない様にするにはどうすれば良いのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

執行猶予の期間中に罪を犯して、禁固以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言い渡しがないときは、執行猶予は必然的に取り消されます(刑法2 6条1号)。

交通事故の場合も業務上過失致傷罪になる可能性も考えられます。起訴されて懲役刑になれば執行猶予は取り消されてしまいますし、罰金刑になれば裁量的に執行猶予が取り消される恐れがあります。

質問者様にできることは、被害者との示談を成立させ、誠実な態度で謝罪することです。事故が大きいものでなく、被害も軽微であれば、被害者の身体的な治療費と車両の弁償をしっかりして反省の態度を示せば、不起訴になるでしょう。また、略式起訴で罰金であっても執行猶予は取り消されない可能性が高いです。もし、業務上過失致傷罪に問われるならば弁護士に依頼することをお勧めします。




質問者: 返答済み 3 年 前.

速やかな回答ありがとう御座います。


示談を成立させるためにはどこに調整をお願いし、私は何をすればよいのでしょうか。


初めてのことで良く分かりません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
とりあえずは質問者様の加入している保険会社に任せておけば大丈夫ですよ。保険会社が交渉してくれます。
保険会社から経過を聞いておきましょう。もし交渉がこじれて保険会社の手に負えなくなった場合に弁護士に依頼すればいいでしょう。
ただ、今回の事故の経緯を聞く限りでは治療費や修理代を支払えれば相手も納得するのではないかと考えられます。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答ありがとう御座います。


 


全て個人でしなければいけないと思っていたのでかなり気が楽になりました。


 


保険会社と連携して被害者様の治療と謝罪を第1に考えて対処していきたいと思います。


 


ありがとう御座いました。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
お役に立てて幸いです。回答が参考になりましたら、評価をしていただけると嬉しく思います。

法律 についての関連する質問