JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4912
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

胸倉を掴んでの傷害罪について。 夜の19時に5分間くらいにNHKの営業マンに玄関のイターホンを押され、酒も飲んでい

解決済みの質問:

胸倉を掴んでの傷害罪について。
夜の19時に5分間くらいにNHKの営業マンに玄関のイターホンを 押され、酒も飲んでいたとこもあり、かっとなり胸倉(ネクタイ)を掴んでうるさいなどと言って威嚇しました。
その後、警察を呼ばれ暴行罪で被害届が出ましたが、被害者に平謝りしたこともあり微罪処分となり、被害者と翌日に契約の話し合いを行うということで、訪問日時の調整を行いその日は釈放されました。

しかし、署内で契約の話をしたとき、「私は短期出張者で法人契約で賃貸(レオパレス家具家電付)に住んでいるので、NHKの契約はレオパレスか会社が行うのではないか」と質問したら、「関係ない、入居人が契約を行うものだ」と言われたのが気になっていたので調べたら、NHK契約は受信設備の設置者が行うとあり、レオパレスに尋ねたら、「受信契約は賃貸契約者が行うと賃貸契約に書いてあるので、そちらで行ってください。」との回答がきました。契約者は会社なので会社が行うべきです。

そういうことを一切言わずに、契約者数を増やしたいがために嘘をついた営業マンに頭が来たので、翌日の約束を無視しました。

それから1か月半くらいたったら警察署から以前の被害者から今度は傷害罪で被害届が出たので署に来てくれと連絡が入りました。
どうやら約束を破ったので腹を立てたみたいで、医者の診断書(全治2週間)を持ってきて再度訴えてきたみたいです。

そこで疑問に思ったのが、ネクタイを掴んだだけで医者が虚偽の診断書を書くのか。
警察はなぜ微罪処分の調書を1か月以上経つのに検察に送っていなかったのか。(送っていないと言っていた。)
検察で聞かれた場合、微罪処分になったことなども言ってよいのか。
初犯の場合の罰金はいくらか。
教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変、お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

一般的な、刑事事件としてのアドバイスが出来ればと思います。

お話からは、一端は、微罪処分となっています。

それは、警察側の刑事告訴する必要は無しと言う判断でされたものです。

そこには、双方が示談がされるものと言う期待も警察側にあったかもしれません。

一般的に、刑事告訴を受け付ける場合、民事での慰謝料を有利にする道具としては

警察は動きません。あくまでも加害者に罰を与えて欲しいと言う強い意志がないと

対応をしないのが普通です。

今回は、相手が、嘘をついていたかどうかは、別として、胸倉はつかまれるは

契約はとれないわで、かなりの怒りをかってしまったのでしょう。

虚偽の診断書を医者が書くことは無いと思いますが、ちょっとしたことで

あざなどになることはあります。

多分、検察に送ってもしかたない事件だと、警察は判断されて、警察に読んで、ご相談者様に

示談を勧めるのではないでしょうか?

あまり大げさにすると、相手も虚偽告訴罪の可能性も出て来ます。

検察に行くかどうかは、微妙だと思いますが

初犯で余罪がなければ、傷害罪と言っても、執行猶予か罰金刑です。

最高額が50万円ですから、悪くても30万円~40万円でしょう。

治療費や慰謝料は民事なので、別に請求されるかもしれません。

とりあえず、傷害罪に対しての謝罪はされて相手方と示談は必ずしておいた方が良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


少しきになったことろがあり再度詳しく状況を書きましたので、御教授お願い致します。


 


胸倉を掴んでの傷害罪について。
9月27日の19時に5分間くらいNHKの営業マンに玄関のイターホンを押され、しつこいので酒も飲んでいたとこもあり、かっとなり胸倉(ネクタイ)を掴んでうるさいと言って威嚇しました。
直後に警察を呼ばれ暴行罪で連行され警察署で調書を取られました。その時別室では被害者と警官も話合っておりその結果、被害者がもう許すということで微罪処分でこの件は終了にすると警官に言われました。その後被害者をが取調べ連れてこられたので対面で謝罪をし、翌日に契約の話し合いを行うということで、訪問日時の調整を行いその日は釈放されました。


しかし、署内で契約の話をしたとき、「私は短期出張者で法人契約で賃貸(レオパレス家具家電付)に住んでいるので、NHKの契約はレオパレスか会社が行うのではないか」と質問したら、「関係ない、入居人が契約を行うものだ」と言われたのが気になっていたので調べたら、NHK契約は受信設備の設置者が行うとあり、レオパレスに尋ねたら、「受信契約は賃貸契約者が行うと賃貸契約に書いてあるので、そちらで行ってください。」との回答がきました。そうなると契約者は会社なので私ではなく会社が行うべきです。


営業員たるものがそういうことを一切言わずに、契約者数を増やしたいがために嘘をついた営業マンに頭が来たので、翌日の約束を無視しました。


それから1か月半くらいたった11月8日、警察署から以前の被害者から今度は傷害罪で被害届が出たので署に来てくれと連絡が入りました。
どうやら約束を破ったので腹を立てたみたいで、胸倉をつかまれたことで医者の診断書(全治2週間、おそらくむち打ち)を持ってきて再度訴えてきたみたいです。


そこで疑問に思ったのが、
・ネクタイを掴んだだけで(引っ張ったり、ゆすったりはしていない)医者が全治2週間などという 虚偽の診断書を書くのか。
(私はスキーが趣味なので冬季によくゲレンデまで足を運びますが、激しいスピードで転倒してやっ と全治2週間の打撲やむち打ちといったところです。)
・警察はなぜ微罪処分の調書を1か月以上経つのに検察に送っていなかったのか。(暴行罪の調書と 別々に送るとおかしいことにんってしまうから送っていないと言っていた。)
・検察で聞かれた場合、傷害罪の前に微罪処分になったことなども言ってよいのか。
・傷害罪初犯の場合の罰金相場はいくらか。
・民事裁判が行われた場合、2週間分の治療費や休業補償(1日分は払いたくもないが)、慰謝料等の 罰金はいくらが相場か
教えてください。よろしくお願いします。


EST



初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。


それは大変、お悩みのことと思います。


ご心痛お察し申し上げます。


一般的な、刑事事件としてのアドバイスが出来ればと思います。


お話からは、一端は、微罪処分となっています。


それは、警察側の刑事告訴する必要は無しと言う判断でされたものです。


そこには、双方が示談がされるものと言う期待も警察側にあったかもしれません。


一般的に、刑事告訴を受け付ける場合、民事での慰謝料を有利にする道具としては


警察は動きません。あくまでも加害者に罰を与えて欲しいと言う強い意志がないと


対応をしないのが普通です。


今回は、相手が、嘘をついていたかどうかは、別として、胸倉はつかまれるは


契約はとれないわで、かなりの怒りをかってしまったのでしょう。


虚偽の診断書を医者が書くことは無いと思いますが、ちょっとしたことで


あざなどになることはあります。


多分、検察に送ってもしかたない事件だと、警察は判断されて、警察に読んで、ご相談者様に


示談を勧めるのではないでしょうか?


あまり大げさにすると、相手も虚偽告訴罪の可能性も出て来ます。


検察に行くかどうかは、微妙だと思いますが


初犯で余罪がなければ、傷害罪と言っても、執行猶予か罰金刑です。


最高額が50万円ですから、悪くても30万円~40万円でしょう。


治療費や慰謝料は民事なので、別に請求されるかもしれません。


とりあえず、傷害罪に対しての謝罪はされて相手方と示談は必ずしておいた方が良いでしょう。


頑張って下さい。


専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、最初の案件は暴行罪と言うことですね。

その後に、今度は、傷害罪と言うことですね。

暴行罪は、微罪処分で、むちうちが出たために傷害罪に切り替えたのでしょう。

基本的には前述の回答と同じですが、相手が本気に懲罰を訴えない限り

警察は、動くことはありません。

その程度の事件で、検察も忙しいため、不起訴処分になるような案件は

警察にもクレームが行くと思われます。

つまりは、警察も、暗に相手と示談してくれと言っているようなものです。

それを、まともに検察に行って、どう証言しようとも罰金刑なら

前科がついて、今後の生活において大変なことになります。

刑事事件ですから、まず、お勤めの会社に知れれば懲戒解雇の可能性も

あります。

既に、前科は無くとも前歴はついていることになります。

前述の罰金刑に相当する額を最高額としての目安に早急に示談された方が良いでしょう。

お話からは、被害者の方に謝罪や見舞金も出されてないのではと思います。

後で不利になります。この手の事件は、どれほど、加害者が反省しているかも

大切です。

傷害罪に至った事情とかはあまり考慮されず、要件が揃えば起訴もあり得ます。

診断書が出た事実だけで判断され、それが偽造だとか言う話は医師法等も

関わってきて大袈裟な話になります。

早急に示談される方が良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問