JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

別居時の生活費について

解決済みの質問:

別居時の生活費について
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

算定表は、合意に基づかない場合に裁判所が参考にするものです。
合意しなかった場合に、月に14~16万となります。
個別の生活状況を加味して、増額されることもあれば、減額されることもあります。

話し合いで合意する分にはいくらでも構いません。
もちろん、収入に見合った額という限度はありますが、月に20万円だっていいのですよ。
ただしそれだと相手が合意してくれないので、結局は算定表どおりになっていることが多いのです。

ですから、算定表以上にほしいのであれば、なんとか相手を説得して合意することか、
算定表以上に生活費が必要なのだという資料を集めて裁判所を納得させることのどちらかが必要ということになります。
質問者: 返答済み 3 年 前.


早々に回答をいただき、ありがとうございます。


 


主人が同意すれば、14~16万の範囲内でなくても構わないのですね。


とはいえ、間違いなく同意してくれないとは思います・・


16万以上必要だという資料を提出すれば、裁判所では、最低でも16万円は認められるのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
もちろん、相手も反論してきますけどね。

「私の収入はこれくらいで、そんなに出せないんだ。」と言われてしまうときついです。
これにも資料、証拠が必要ですから、ただ言っているだけでは不十分です。

しかし、有効な反論がなく、16万円以上必要という資料を出すことができれば、
16万円を認定される可能性は高いといえます。
質問者: 返答済み 3 年 前.


もう1点だけよろしいでしょうか。


 


私が持家マンションに住み、主人が出て行く形を取るのですが、月々の生活費以外に、固定資産税の支払い(いつも分割で支払っているので、3か月に1度ぐらい45000円程の支払いが必要です)を要求することは可能でしょうか。


小さい子供が二人おり(一人は未入園)仕事をしてたくさんの収入を得るという事が困難な状況です。


もちろん、話し合いでは合意しないでしょうから、裁判で取り決めることは可能でしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
固定資産税を含めるのは難しいです。

算定表は、固定資産税を払ったことを前提とした金額だからです。
つまり、14~16万円という基準は、すでに固定資産税を払った後に残る金額をベースにしているのです。

とはいえ、算定表よりも賃料や固定資産税が高くなるとケースは多いので、
ケースによるとしか言いようがありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問