JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4874
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚後、家を買い取ります。結婚当初前夫の名義で購入していた家をそのまま住んでいま す。今度は今の彼の名義で買い取りま

質問者の質問

離婚後、家を買い取ります。結婚当初前夫の名義で購入していた家をそのまま住んでいま す。今度は今の彼の名義で買い取ります。
購入時の差額はおよ そ差額600万程になります。
離婚前にその話はしてありますが、(差額分)前夫は了解は勿論していません、購入した時の差額の600万の半分を前夫に払ってもらいたいのですが、どう請求してもいいかもわかりませんし、もらえるのかもわかりません。
慰謝料は一切貰っていません。
離婚の原因は私の方が悪いのですが、離婚で一切負担がかかってない前夫にそれくらいは払ってもらいたいのですが、ちなみに離婚から毎月は私か誰かが買い取るまでは、私が家のローンを払い続けています。真剣に前夫に請求しようと考えています。
返答お待ちしています。
宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、不動産の実際価格が2200万円と言うことですね。

また、今の彼と言うことは、失礼ながら離婚理由と言うのは、不貞行為か何かでしょうか?

まず、離婚時の財産分与等の考え方からご説明致します。

離婚時には、基本的には、婚姻中に形成された財産は、名義がどちらでも

すべて共有財産となります。それを折半することになります。

預貯金は半分にすぐにできるので簡単です。

ただ、不動産の問題が残ります。

不動産の財産分与は、いろいろ方法があり、売却かどちらかが住み続けるかで

また違ってきます。

仮に、譲渡される場合は、不動産のローンは、奥様が、専業主婦でも

ローンの半分を支払ったことになり、譲渡される方は、その額を支払うことで

譲渡してもらうことになります。

今回は、譲渡と言うことではなく、ご相談者様の彼が買い取ると言うことですから

少し複雑なようです。

仮に売却すれば600万円の損をするので、その損をご主人様に支払ってもらうような

意味合いですね。

財産分与は、基本的には、マイナスの考え方はありませんから

そのやり方は難しいかもしれません。

逆に、今回の離婚原因が、失礼ながら、ご相談者様の不貞行為だとすると

その彼と再婚でもされるのであれば、略奪愛となり

有責配偶者のご相談者様と、愛人の男性と合せて慰謝料が400万円~500万円と

言うのは多いです。あくまで二人分ですが。

そうなると、そのような意味合いの抵抗は元ご主人様もしてくるかもしれません。

それと、前述した通り、譲渡される方が、ローンの支払額の半分を支払うと言うのが

厳密な考え方ですから、そこでも意見の相違が出て来るでしょう。

この場合は、平行線のまま進む可能性があるので、家庭裁判所の財産分与の調停を

ご利用されると良いでしょう。

家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼される必要もございません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご返事ありがとうございます。財産分与の家庭裁判を 利用すれば、私がすみ続ける場合、前夫と半分にすることが出来るということですか?私に渡さないと言った場合はどうなりますか?後、不貞行為と言われましたが、夫は怒ると首をしめたり、ご飯がまずいと言ってゴミ箱にご飯を捨てられたりと精神的苦痛を味わいました。結婚生活がもっと幸せなものなら離婚は考えずにいました。確かに結婚前に好きな人がいて、今はその彼と付き合っていますが、結婚生活中は不貞行為はなく、前夫の行動が我慢できず離婚を決意しました。別れて一年以上になりました。出来ればそこに住み続けたいのですがどうでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事ですから、お互いが納得して、あるいは譲歩してでも合意しなければ

解決にはなりません。

現時点で、協議が出来ない場合は、次の段階として調停があると言うことです。

そこでも話がまとまらなければ、家庭裁判所の職権で審判を出されるか

裁判に移行することになります。

不貞行為に関しては、元ご主人様が、証拠などもっていると不利になるかもしれません。

現在は、以前と違って、携帯電話のメールでも裁判上の証拠となりますので

ご注意が必要です。

そこに住めるかどうかは、調停委員に、元ご主人様を説得してもらうと良いでしょう。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問