JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

今年の3月に知人MからFXトレードの先生を紹介され1年契約で教えてもらえるということで30万円を払って生徒になりまし

解決済みの質問:

今年の3月に知人MからFXトレードの先生を紹介され1年契約で教えてもらえるということで30万円を払って生徒になりました。その先生はFXで成功していて専業でトレーダーをやっていると聞きましたが、6月にその知人Mが実は先生と愛人関係でその先生に500万もお金を貸しており、先生は 全くFXで稼げていない事を、Mが先生と一時的に喧嘩をした時に泣きながら知らされました。それから全くその先生に教わる気持ちも失せてしまい、その先生の実情を同じ教室の生徒数人に知らせたのですが、最近になってその実情を知っている生徒たちで返金要求をしたら、お金を返すと言われ、一件落着しました。

私が他の生徒に先生と愛人の実情を話した事は営業妨害になりますか?私以外にもその知人Mは先生との関係とお金を貸していることを話していました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 業務妨害罪(刑233条)は、「虚偽の風説を流布し、又は偽計若しくは威力を用いて、人の業務を妨害する」ものです。

 

 虚偽の風説を流布するとは、事実と異なった内容の風説を、不特定又は多数人に伝播させることをいいます。

 

 偽計を用いるとは、他人の錯誤もしくは不知を利用し、又は欺罔、誘惑の手段を弄することをいいます。

 

 本事例の実行行為は業務妨害罪の構成要件に当たらない、と思います。

 

 あるいは名誉毀損罪(230条)の構成要件にあたる可能性はありますが、事実証明の規定(刑230条の2)により違法性が阻却されます(事実の公共性、目的の公益性、真実性の証明)。

 

 いずれにしても不可罰でしょう。

 

 ※刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問