JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

今 別居中の妻が難癖をつけて子供に 会わせようとしません。 子供の誕生日の御祝いも 邪魔してきます。何か 法的に子

解決済みの質問:

今 別居中の妻が難癖をつけて子供に 会わせようとしません。
子供の誕生日の御祝いも 邪魔してきます。何か 法的に子供と自然と付き合える方法は ありませんでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshik unと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


話し合いで、子どもの面会をさせないのであれば、子どもの面会交流においても調停を申し立てる必要があります。
家庭裁判所に調停又は審判の申立てをして、面会交流に関する取り決めを求めることになります。
子どもとの面会交流は、子どもの健全な成長を助けるようなものである必要があるので、調停手続では子どもに精神的な負担をかけることのないように十分配慮して、子どもの意向を尊重した取決めができるように話合いが進められます。

なお、話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され、裁判官が一切の事情を考慮して審判をすることになります。

民法766条にも面会交流について規定されています。妻がお子さんとの面会を拒んでも、家庭裁判所に申し立てるならば面会交流は原則として認められます(お子さんを虐待しているケースを除きます)。
家庭裁判所に面会交流を申し立てることをお勧めします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

御世話ににります。 早速ですが 話し合いでと ありますが、 電話 メール 無視


アパートに行っても居留守。 親に電話しても出ない。


今日は 警察からの呼び出しで 行ってみましたら dv での 被害届けが出てますとのこと。 執拗なメールおよび電話 とのこと。あと 弁護士と相談したら 裁判には 勝てると言うことで 裁判をすると言うことでした。 口喧嘩が始まりの 今の状況で 何をすればいいでしようか。


ちなみに 妻は 被害妄想がつよく 妻の妹も 同じ様に3人の子供とともに 離婚しております。その妹が 妻を先導している様です。


宜しく お願い致します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
話し合いができない状況ならば、家庭裁判所の調停および審判による方法しかありません。

子どもの面会交流についての調停を申し立ててください。あとは家庭裁判所からの呼び出しが されますので、裁判所に任せておいて質問者様からのメール、電話は控えたほうがいいでしょう。

相手が裁判をしてきたとしても確実に相手が勝てるかどうかはわかりません。裁判になっても事実を主張すればいいのです。実際に暴力を振るっておらず、精神的苦痛を与える程のメールや電話をしていなければDVになることはありません。裁判官もそれくらいのことは分かります。

まずは家庭裁判所に調停を申し立てることからです。「調停」は弁護士に依頼しなくても裁判所に行けば自分で申し立てることができますが、「裁判」となるとかなり事情がこじれてきてますので、弁護士に依頼したほうがいいでしょう。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問