JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4975
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

精神病院に入院中の中島くんが病棟内で放火をして独居牢に入れられているという噂が流れてきて それをみんなで噂話をして

ユーザー評価:

精神病院に入院中の中島くんが病棟内で放火をして独居牢に入れられているという噂が流れてきて
それをみんなで噂話をしていたら 中島くんの親友がそれを中島くんに言い 中島くんは、放火などしていなく怒っています 名誉棄損で一人50万で弁護士を使って訴えると言っています 訴えられたら
どうなるでしょう

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、中島君と言う方は、精神病院に入院していると言うことでしょうか?

また、噂話を流したのは誰か、お分かりなのでしょうか?

名誉棄損罪は、不特定多数の人に対して相手を誹謗中傷することで、

相手の社会的な信用を棄損することで成立します。

ただ、そのことが真実味をもって語られているのであれば

犯罪の予防をする意味でも、関係者に知らせることは意味があることなので

公益になるのであれば、名誉棄損罪は免除されます。

ただ、刑事告訴は無くとも、民事による不法行為による慰謝料請求はあり得ます。

名誉棄損罪が、50万円以下の罰金なので、それに対応した形での

要求かもしれません。

弁護士の先生は、報酬額が認められれば、その案件を受任する場合もあります。

例えば、噂を流した張本人が、複数の人にうわさを流し

その複数の人だけの会話で、他に漏れない状態なら、問題ないかもしれませんが

噂はどんどん漏れるものです。

相手が、傷つけば、名誉棄損罪になりますから

やはり、早急に中島君に謝罪等して、慰謝料請求は避けた方が良いでしょう。

噂話程度でも、相手を傷つけることを公然と複数人に伝えれば問題と言えますので

ご注意が必要です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

だいたい いくらくらい せいきゅうされるのでしようか

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

本来は、名誉棄損罪で、刑事告訴になるまでの案件は

TVや新聞や雑誌などの対マスコミにおける問題が多く

それだと200万円とか低い方です。

一般の場合は、そこまでは無く、ほとんどが謝罪等で終わることだと思います。

誰かが中島君に知恵をつければ、名誉棄損罪の罰金の最高額の50万円でと

言うのは、あるでしょうが、これは最高額で、そこまで悪いことはしてないでしょうから

10万円とかそこいらでしょう。

ただ、犯罪者扱いにしたような人権問題もあるので、そこは難しいところですが

一般的には、謝罪で終わるのが普通です。

遡及に謝罪をして示談にして、もう噂はしませんみたいな示談書など作成しても良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

実際訴えられたら どういう手順になるのでしょうか 弁護士をたてた方がいいのでしょうか 裁判所に行くことになりますか 直接質問されたりしますか

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

一般的な訴えられる手順は、まずは、内容証明で、慰謝料の請求があり

その額に応じられなければ、刑事告訴すると言う主張になります。

それに対して、減額請求なりして示談できればすると言うことで

示談できない時は、民事調停か民事訴訟となります。

仮に、裁判で訴えられた場合に、初めて弁護士の先生にご依頼されれば

良いでしょう。

警察に名誉棄損で訴えても、たいていは、民事でやってくれとなるでしょう。

つまり、今回のようなケースで警察が動くことはあまりありません。

示談を先にご提案されても良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

民事調停と民事訴訟の違いは、なんですか そこで金額が、決まるんですか


誰が決めるんですか 0円になることは、ありますか

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事調停と言うのは、裁判では無く、調停委員と言う方が間に立って

話し合いを進めるものです。

当事者が同じ部屋で同時に進める場合や、時間を分けて別々に進める場合もあります。

そこで、決まったことは、調停調書と言う判決のようなものが出ます。

調停は費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もありません。

あくまで当時者同士の和解の場です。

当然、慰謝料が認められない場合もございます。

民事訴訟は、裁判ですから、普通は弁護士の先生にご依頼しますし

そうすると、費用も高くなります。

だいたいは、民事訴訟まで行くことはありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

裁判費用は、負けた方が、勝った方の裁判費用を払うシステムですか

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

よく勘違いされる方がいますが

裁判費用と言うのは、高くても数万円です。それは裁判所にかかる費用です。

それとは別に弁護士費用は、数十万円、数百万円かかります。

裁判が高いと言うのは、裁判費用と弁護士費用がかかるからです。

弁護士の先生を雇わなければ発生はしませんし、本人訴訟と言うのもございます。

訴訟で負けた場合、相手に裁判費用を支払わせると言うのは良くありますが

弁護士費用を支払わせると言うのは、あまり認められていないようです。

払うとしても1割程度です。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問