JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

個人事業所で就労規定が無ければ、一日14時間労働は合法ですか

質問者の質問

個人事業所で就労規定が無ければ、一日14時間労働は合法ですか


(役職はついていません)

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
ご相談ありがとうございます。

労働時間に関して、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。
これを法定労働時間といい ます。
これを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

労働基準法は会社であろうが、個人事業所であろうが関係ありません。
また就労規定の有無も関係ありません。

要は、前述の労使協定が労働基準監督署に届出られているかどうかです。

使用者に確認してみてください。

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

支店長という役職が付いている夫と役職の無い妻(二人ともフルタイムで働いています)、二人とも対応は先ほどと同じで良いのでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.
支店長であっても、法定労働時間を超える労働をさせるには先程回答させていただいた通り、労使協定の届出が必要です。
その妻に対して法定労働時間を超える労働をさせる場合も同様です。

法律 についての関連する質問