JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4803
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

婚姻期間29年50歳代夫婦、成人した子供3人。不貞が原因で、主人は私が頼んでも住所を明かさず、別居をして3年になりま

解決済みの質問:

婚姻期間29年50歳代夫婦、成人した子供3人。不貞が原因で、主人は私が頼んでも住所を明かさず、別居をして3年になります。私は主人が経営をしております会社の社宅に、子供3人と暮らしております。結婚6年目より女性問題が絶えず、長期にわたる複数人数の不貞相手の内、私どもの自宅近くに住み騒ぎ出した1名に3年前に訴訟を起こし勝訴。別居はしておりますが、主人は今年7月まで、愛犬の散歩と食事をやりに朝晩自宅に来ておりました。8月に入り自分の住まいに犬を連れて行き、それからは週に1回程、郵便物を取りに参ります。私は離婚の意思はございません が、主人は離婚の意思が固い様に思われます。質問は2点ございます。1点目は、このままの状態で主人が離婚調停~訴訟と起こした場合、やはり認められてしまうのでしょうか。2点目は、私がお願いしておりました弁護士先生より、「そろそろ相手の居住地やどのような状況でいるのか、興信所をつけて調べておいた方が良い。向こうがアクションを起こして来た時に興信所をつけても、相手は気を付けているので意味がなく、今の内が良いのではないか。また、ご主人の事を知らないままでも平気でいると思われ、夫婦破綻とみられてしまう可能性がある。裁判で好条件を出すためにも、一度興信所をつけてみたらどうか」とのご意見を頂きました。興信所は約1週間で費用が約百万円位になるとのお話で、生活費が私が主人の会社に勤めておりました時の1/3になりました現在では、多額の為迷っております。また、主人は今年3月に「生活費は出すので、俺が誰と付き合おうと訴えるな」と述べており、1年前には訴訟相手の家の近くで主人の車を2度ほど見ております。私も女性と一緒に住んでいると思っております。ただ、やっと朝晩自宅に来なくなり、気分も落ち着いて参りました現在、もう色々知りたくないという気持ちもございます。このような状況下でございますが、先々の事を考えますと、やはり今興信所をつけて状況証拠を取っておいた方が、私にとって有利に進められるのでしょうか。
以上大変長くなりましたが、先生方のご意見も伺いたく何卒宜しくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様のご主人様は、会社を経営されていると言うことで

そのような男性は、自分は成功者で、愛人の一人や二人は男の甲斐性などと

つまらない考えを持つことが多いようです。

普通の家庭なら、即離婚ですが、経済的な優位性のため、離婚できない方も

たくさんいらっしゃいます。

その場合は、ご主人様が定年になって、退職金が出たり、住宅ローンも終わり

年金も満期になった時点で、奥様の方から離婚して、慰謝料をがっぽりとって

ご主人様を丸裸にして別れると言うこともあるようです。

所謂、熟年離婚はそのケースが多いようです。

浮気をしたい放題させているように見えて、実は許して無かったと言う話です。

今回のケースがそれにあたるかどうかはわかりませんが

ここまで、離婚の要請がご主人様から無ければ

ご主人様は、家庭と愛人は別として両方の成立した関係を良しとしている可能性もあります。

世間的には、歪んだ関係ではありますが、そのまま離婚を考えない方も多いようです。

仮に、有責配偶者である、ご主人様から離婚を要請するとなると

原則は有責配偶者からの離婚は認められません。

ただし、例外があり、以下の要件だと離婚が認められます。

1、長期に渡る別居実績:判例では6年があります。

2、未成熟子(未成年の子)がいない

3、配偶者に対して十分な補償をする

の3つの要件が整えば可能です。

現在は、破たん主義をとっているので、別居状態を良しとすると言うのはありません。

婚姻関係を続けたいと言うのであれば、あくまで同居は要求すべきだと言えます。

別居を修復したいのであれば、やはり、家庭裁判所の修復のための調停の

円満緒亭を申立てるべきかもしれません。放っておくことが一番の問題です。

また、相手の愛人の女性にも、すぐに別れることと慰謝料請求をすべきかもしれません。

探偵事務所は、1日単位でもご依頼できるはずです。

その場合は、10万円もしないと思います。1週間で100万円は暴利の興信所です。

普通は、1週間でも40~50万円程度です。

不貞行為があれば、離婚はできませんが、別居実績は最大の離婚理由になるので

ご注意が必要です。

離婚するかどうかは、精神的な安定を取り戻すか、経済的な安定を取るかの選択に

なるかもしれません。

将来を考えて、ご主人様と高齢期を仲良く過ごせる日々が想像できるか

どうかかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問