JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

受託者(仕事を受ける方)が業務委託契約結ぶ場合の注意点について教えてください。 「受託者は、委託業務に関連して

質問者の質問

受託者(仕事を受ける方)が業務委託契約結ぶ場合の注意点について教えてください。

「受託者は 、委託業務に関連して、委託者が第三者から問い合わせ、苦情、クレーム、その他請求(損害賠償請求、使用差止請求など内容の如何を問わず、また訴訟の係属の有無を問わない)を受けた場合、受託者は、自らの責任と費用で解決する。」

こういう文言があって、ちょっと不安に思ったのですが、これって業務委託契約に良くある文言でしょうか?
他に、こんな文言があったら要注意、またはこういう文言を入れた方が安心、とか 受託者側に立った契約文言があれば教えていただきたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>「受託者は 、委託業務に関連して、委託者が第三者から問い合わせ、苦情、クレーム、その他請求(損害賠償請求、使用差止請求など内容の如何を問わず、また訴訟の係属の有無を問わない)を受けた場合、受託者は、自らの責任と費用で解決する。」

→これだと、第三者に損害を与えた場合、受託者が自己負担で賠償責任に任ずることになりますよ。こんな得て勝手な解釈があるわけありませんよ。

 

 こういう場合は、「・・・・・・・受けた場合において、受託者の責に帰すべき事由に基づくときは、受託者の費用で、委託者の責に帰すべき事由に基づくときは、委託者の費用で、その損害賠償の責に任ずる。

2.両当事者の責に帰すべからざる事由に基づくときは、当事者双方平分してその損害賠償等の費用を負担する。

3.損害賠償等の費用の負担および責任の所在について第1項、第2項によって定めることができないときは、当事者誠実に協議してこれを決する。」

 

 これで再提案されてはいかがですか?

 

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

大変参考になりました、ありがとうございます。


業務委託契約書の書き方や業務委託契約に関するお勧め本などがあれば、よろしければ教えていただけませんか?

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

http://www.tabisland.ne.jp/soumu/bunrei/agreement/agree_04.htm

 

→こんなのはどうでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

先日、上記のように委託者に変更をお願いしたところ、「2条の委託業務に関してということなので・・・このままでいいでしょうか?」と言われたので、2項を削除、3項を2項に繰上げし、残すようにお願いしているところです。


委託者は大手なので、他の人にお願いします・・・と言われたりして・・・。今返答待ちです。

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

>「2条の委託業務に関してということなので・・・このままでいいでしょうか?」と言われたので

→これは、下記のようにそのまま残すということですか?しかし、これは実際裁判等になった場合に、一方当事者の無思慮・浅薄につけこんだものとして無効視される可能性があります。

 

> 受託者は 、委託業務に関連して、委託者が第三者から問い合わせ、苦情、クレーム、その他請求(損害賠償請求、使用差止請求など内容の如何を問わず、また訴訟の係属の有無を問わない)を受けた場合、受託者は、自らの責任と費用で解決する。」

 

>「・・・・・・・受けた場合において、受託者の責に帰すべき事由に基づくときは、受託者の費用で、委託者の責に帰すべき事由に基づくときは、委託者の費用で、その損害賠償の責に任ずる。

→それとも、この1項は受け入れられたのですか?

 

2.両当事者の責に帰すべからざる事由に基づくときは、当事者双方平分してその損害賠償等の費用を負担する。

→この項は削除するように質問者様から申し入れたということですね。

>委託者は大手なので、他の人にお願いします・・・と言われたりして

→この契約で不満ならほかと結ぶわ、おまえなんか要らんということですか?

 

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

法律 についての関連する質問