JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4689
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

分譲マンションの購入にあたって、不動産業者に年収が足りないため、架空の収入の申告(金融機関に打診したところ、ローンが

質問者の質問

分譲マンションの購入にあたって、不動産業者に年収が足りないため、架空の収入の申告(金融機関に打診したところ、ローンが通りそうなので)を、不動産業者に委任状を書くよう言われ記入し修正申告をしてしまいました。
しかしローンは通らずに他の部屋なら 価格が少し安いので、もう一度金融機関の申込書を記入してほしいと言われています。
価格が下がったところでローンは通らないと思っていますし、偽って家を購入したくもないのでどうしたらいいのかわからず、メールしました。
安易に委任状を書いてしまったことを後悔しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、収入の虚偽申告をすることは、文書であれば、文書偽造罪にあたります。

また、虚偽申告により融資を得ようとしたら、詐欺罪にあたります。

金融機関側としては、ご相談者様は、お客様であるので、詐欺罪等で訴えることは

無いと思いますが、そのことが金融機関側に推測されていれば、今回のように

拒否と言う形になります。

多分、同じ金融機関であれば、もう融資を得ることは難しいと言えます。

不動産業者は、悪徳なところも多いので、注意が必要です。

当然、それらのことをそそのかした不動産業者もご相談者様と同罪に問われます。

文書偽造罪と詐欺罪の教唆犯となります。

無理をしてローンが将来的に払えなくなれば、不動産は競売にかけられ

借金だけが残ることになり、最悪は、自己破産や民事再生をするしか無くなります。

ご相談者様のお考えの通り、地道な対応をされた方が良いでしょう。

ただ、それでも不安は残りますから、今回の不正申告に対する書類はすべて

回収して処分しておくことです。

詐欺罪で警察に行くと主張すれば、不動産屋も委任状等は返還して来るでしょう。

委任状を書いただけで、修正申告は、不動産業者が書いたのでしょうか?

そうであれば、ご相談者様は、知らなかったと、あくまで主張することだと思います。

この手のことは、不動産業者や金融機関の団信保険の申請の場合でも

大なり小なりあるので、厳密には、表に出て来ることはないかもしれません。

それでも安全策を取って証拠となる書類の回収だけはしておいた方が良いでしょう。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問