JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4698
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

3年近く前に引っ越ししたアパートの大家さんから今年の8月末に現状回復費用として60万円の請求が来ました。電話をして問

質問者の質問

3年近く前に引っ越ししたアパートの大家さんから今年の8月末に現状回復費用として60万円の請求が来ました。電話をして問い合わせたところ昨年大家さんが高齢になった為大家さんの息子さんのお嫁さんが業務を引き継 いだとの事でした。そのアパートに住んでいる当時にヤカンの空焚きをしてしまい警報ベルを鳴らしてしまいご迷惑をおかけしてしまった事が有り大家さんにお詫びとその時に熱で歪んでしまった蛍光灯のカバーや台所周辺の状態を確認して頂きました。大家さんから保険に600万位入っているので大丈夫と言われその状態のまま半年近く住み3年前に引っ越すまで約15年近くそのアパートに住んでいました。仲介のエイブルに1ヶ月以上前に報告して当日は大家さんに立ち会ってもらい引っ越しをしましたが家賃滞納等も無く3年近くたっていきなりの高額請求と振り込みだと税務署がうるさいので直接お金を持って来るよう言われ請求の中に敷金が入っているかお嫁さんに聞いたところ引っ越す時に大家さんから私に手渡したと聞いていると言われました。(実際は受け取っていません。)一度家に来るよう言われましたが会話の内容に不信感を感じこのまま先方の言うままの金額を支払う前に弁護士の方に入って頂いて解決したいと考えています。どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

弁護士の先生をご希望のようでしたが、このサイトの専門家の弁護士の先生からのご回答が

無いようですので、当方でわかる範囲でご回答致します。

お話から、まず、敷金の返還がされていないとなれば、敷金返還請求をされても

良いでしょう。敷金返還請求の時効は5年ですから、まだ間に合います。

次に、原状回復義務もまだ5年の時効がありますから請求はあり得ますが

その内容に問題があったようです。

お話からは、ヤカンの空焚きで、少しキッチン周りが変形などしたのかもしれませんが

確かに、部屋の設備に火災保険をかけているのは、大家さんとしては当たり前の

ことですが、そのままの状態でいたことで、保険屋とのトラブルがあったのかもしれません。

とは言え、3年も放置していきなりと言うのは問題です。

大家さんが、変わると新しい大家さんが、前の口約束等を考慮してくれないこともあります。

敷金返還請求と同時に、原状回復費用の不当請求として抗議する内容の

内容証明郵便を出されると良いでしょう。協議に応じなければ民事調停を申立て得ると

主張されても良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

場合によっては、敷金問題等は、県庁に部署があるので、そこにご相談されてみるのも手です。

仮に、弁護士の先生に代理交渉をご依頼されると、着手金だけで30万円かかり

赤字になるケースがございます。

大家さんに直接ではなく、不動産屋を通していれば不動産屋の担当者に

ご相談する手もございます。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問