JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

何年も会ってない父親の住んでいる(わたしの昔の実家)に、無断で入ると不法侵入になりますか? 父親は再婚しています。

解決済みの質問:

何年も会ってない父親の住んでいる(わたしの昔の実家)に、無断で入ると不法侵入になりますか?
父親は再婚しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。 わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

住居侵入罪は以下のように刑法で規定されています。

正当な理由がないのに、人の住居など(人の住居若しくは人が看守する邸宅、建造物、廃墟や若しくは艦船)に侵入した場合に成立します。法定刑は3年以下の懲役または10万円以下の罰金である(刑法第130条前段)。


質問のケースに当てはめると、家主(父親)の許可無しに住居や敷地内に立ち入ったり、退去をもとめても出て行かない行為には、法的に正当な理由がなく、住居侵入罪に該当します。

ただ、何年も会っていないからといって住居に立ち入る許可が得られないということにはなりませんので、住居侵入罪には該当しないでしょう。実家に入ることの暗黙の了解があると考えられるからです。

注意すべきなのは、実家に立ち入ったあとに父親が「出て行け」と言っているにもかかわらず、退去しないと刑法第130条後段の「不退去罪」になってしまいます。

ポイントは家主の許可があるかないかということです。




shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問