JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

はじめまして。先日、2年7ヶ月の民事裁判が終わり、敗訴しました。裁判が始まる前にマンションに仮差し押さえが付いたのですが、マンション自体はローンが2200万以上残ってます。諸先生方

質問者の質問

はじめまして。先日、2年7ヶ月の民事裁判が終わり、敗訴しました。裁判が始まる前にマンションに仮差し押さえが付いたのですが、マンション自体はローンが2200万以上残ってます。諸先生方に質問なのですが、ローンが残ってるマンションを仮差し押さから本差し押さえにしてマンションを原告は売却するのでしょうか?
また、売却してローンだけが残る場合なんて、あるのでしょうか?先生方の知識を貸して下さい。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法 書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


通常の流れでは、マンションは差押えになるでしょう。その後に強制競売になるか、任意にマンションを売却することになります。どちらにするかはローンの債権者である銀行や差押え債権者との協議になりますが、債権者も強制競売よりも任意売却の方が金銭を多く回収できるので、だいたいは任意売却になります。

強制競売にせよ、任意売却にせよ、売却代金でローンや差押え債権者に返済しきれなかった場合は、残りの分は支払っていく必要があります。

つまり、売却後にまだ支払う債務がある場合は、払っていく必要があるということです。
より高い値段で売却するために、任意売却が可能かどうか不動産業者に相談することをお勧めします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
判決は2300万円を支払えでした。住宅金融公庫に残債は約2200万円あります。こんな状態で債権者がマンションを売却しても何のプラスもないのに売却してきますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
マンションの売却価格は2200万円以上にはならないですか?


質問者: 返答済み 3 年 前.
平成12年に3800万で買いました。築13年になります。 評価額はわかりませんが、同じマンションで売りに出てるてのがだいたい2500万前後 です。
質問者: 返答済み 3 年 前.
訴訟の時に代理人になっていただいた弁護士からはローンオーバーになるからマンションを売ったりはしないだろうと言ってはいましたが
質問者: 返答済み 3 年 前.
訴訟の時に代理人になっていただいた弁護士からはローンオーバーになるからマンションを売ったりはしないだろうと言ってはいましたが
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうですか。販売価格が2500万円ならば任意で売ってもローン価格以下ですね。 いわゆるオーバーローンです。強制競売ならばなお低い価格です。
差押えは抵当権に劣後しますので、売却しても差押え債権者への返済はできません。

そうなると、差押え債権者はマンションの売却は諦めて他の方法での回収をしてくるでしょう。給与を差押えたり他の財産から回収してきます。
ただ、マンションの差押えは債権を回収するまでは解除してくれないでしょう。
将来ローンを払い終えて、差押え債権者にも債務を返済できて始めて差押え解除をしてもらえます。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます
始めての質問でわかりやすい、回答をして頂きありがとうございます。先生、またご縁がありましたら、宜しくお願いします
遅い時間にありがとうございました。
では失礼します。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
こちらこそありがとうございます。

回答が参考になりましたら幸いです。またいつでもご利用ください。

法律 についての関連する質問