JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

名字名前を変えたいです。 遺留分放棄をして、慰謝料代わりにもらいたいです。 精神的苦痛は、精神障害者になったらあ

質問者の質問

名字名前を変えたいです。
遺留分放棄をして、慰謝料代わりにもらいたいです。
精神的苦痛は、精神障害者になったらあてはまらないんですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

1. 「正当な事由」があれば、家庭裁判所の許可を得て、名の変更の届出をすることができます(戸籍法第107条2項)。

 

 「正当な事由」に当たるものとして、珍奇・難読・難解な名であったり、同一地域・同一家族に同姓同名の者があって社会生活上支障がある場合、通用名を永年使用してきた場合、異性とまぎらわしい名である場合、営業上の必要などから襲名する必要がある場合、などがあります。

 

2.相続開始後の個々の遺留分減殺請求権の放棄は、これが個人的財産権であることから自由です。また一括して遺留分権全体を放棄することも可能です。

 

 しかし、相続開始前の放棄は、無制限にこれを許すと、被相続人の威力によって相続人に放棄を強要することも考えられることから、家庭裁判所の許可を得たときに限り、事前放棄は効力を生ずるとしました(民1043条1項)。

 

3.慰謝料請求権については、親の生命侵害について苦痛を感じない幼児についても、慰謝料請求権が認められています(大判昭11.5.13)。精神病者についても請求を認めるべきとするのが判例です。

 

 ※戸籍・親子・家族関係の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

家庭裁判所での手続きなど、自分でできますか?

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:その他.
オフラインだったらいつ回答がくるか分からないから
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

  遅くなってごめんなさい。

 

  手続き自体はそれほど複雑ではないので、裁判所で事務官に教えてもらいながらでもできます。もし時間が許すならば、ご自分でされるのもよい経験になるでしょう。

 

 面倒くさい、ないし邪魔くさいという場合は司法書士に頼めば、裁判所に提出する書類として、代書してくれますので、それをもって行くことです。

 

 ※戸籍・親子・家族関係の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 




法律 についての関連する質問