JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

近隣問題に関してです。8年前家を建て直ししているさいに隣の敷地住人から塀を作ってくれとそれも境界線をまたぐのではなく

解決済みの質問:

近隣問題に関してです。8年前家を建て直ししているさいに隣の敷地住人から塀を作ってくれとそれも境界線をまたぐのではなく内側に作るようにと言われ、さもないと工事の邪魔をす るいわれ1ヶ月ほど外交工事をストップした経緯がありしょうがなく申し入れ通りに塀を作りました。このときにしっかりと対応しておけばよかったのですが、昨年秋頃この住人が、不動産業者に土地を売却し今夏8月ころから建築がはじまっています、この不動産業者に隣の敷地内にも自家と同じように塀を作ってもらう事は出来るのでしょうか。または作ってもらうにはどのような対応が必要でしょうか。このような考えはただの腹いせのようなことと思われるだけなのでしないほうがいいのでしょうか。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

>1週間前に建築中の足場から資材を落下されて自家の塀の一部とゴミ保管箱破損された→これは質問者様が所有権に基づき妨害排除請求権を行使できます。

 

>8年前家を建て直ししているさいに隣の敷地住人から塀を作ってくれとそれも境界線をまたぐのではなく内側に作るようにと言われ、さもないと工事の邪魔をす るいわれ

→これも呆れ返るほどのことであり、威力業務妨害罪ないし強要罪にあたり、刑事告訴も可能でした。

 

>昨年秋頃この住人が、不動産業者に土地を売却し今夏8月ころから建築がはじまっています、この不動産業者に隣の敷地内にも自家と同じように塀を作ってもらう事は出来るのでしょうか。

→これは双方共にできません。せいぜい落下を防ぐため、囲いやシートをするくらいでしょう。自分の所有地内に物体が落下した場合に、相手方の費用で取り除くことを請求することができる、というのが物権法の基本です。

 

 おまえのところに塀を作れ、というのは隣人さんが言い出したことでしょうが、法律無視の暴言ですね。

 

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


既存の塀を壊してもらい境界をまたぐ形で再施工を相手の費用でやってもらうという提案も考えてますが、その際相手からはどんな要求が出てくと予想されますか。

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 既存の塀はご自分の敷地内ですから、勝手に壊してもよいでしょう。

 

  

 

 境界をまたぐかたちでー

 囲障の設置については、

 民225条1項に「二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空き地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる」とありますので、「相隣者が等しい割合で」負担すること(民226条)を条件に求めることができます。

 

 ←これは物上請求権とはまた別の問題です。しかし費用平分なら文句もでようがないでしょう。

   

※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。


 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問