JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

法律か消費者被害かカテゴリーを選ぶのに迷いましたが、まずは法律カテゴリーにてお願いいたします。オークショ

解決済みの質問:

11/2(土)に南青山MANDALAで行われるLaika came backのライブチケット1枚です。 整理番号は一桁番前半なので、正面で観れると思います。 友人が行けなくなってしまった為、お譲りします。


11/2(土)のライブチケット1枚です。
整理番号は一桁番前半なので、正面で観れると思います。
友人が行けなくなってしまった為、お譲りします。


 


(実際は会場名、アーティスト名が入っていますが、割愛します)


 


 


 


法律か消費者被害かカテゴリーを選ぶのに迷いましたが、まずは法律カテゴリーにてお願いいたします。


オークショントラブルについて相談があります。


・シリアルナンバー(画像の右端の番号)が入場整理番号と連動している(会場に問い合わせ済み)コンサートチケットでオークションの商品画像にシリアルナンバー377301(整理番号1番)が出ていたチケットを落札、送ってもらったが、実物とは違うシリアルナンバー(377301番ではない他番)のチケットだった


・出品者に正しい物と交換を希望したが既に他人に転売してしまったと言い交換に応じない


・転売相手に連絡を取る様頼んだが、連絡が取れないと言ってきた


・転売相手についての情報を聞いても弁護士ではないネットトラブルや法律問題などの専門家に相談した結果、本人(転売相手)に無断で情報を知らせるのは個人情報により違反、問題になるとして一切教えない


・とにかくもうチケットは転売してしまい手元にないので交換は出来ないと主張


・専門家というのはどこの誰なのか、こちらは転売相手と同一チケットを買った被害者であり、関係者(当事者)なので名前を知る権利はある、また、転売した事実経過や転売相手に対するチケットの買戻しに関する具体的な働きかけをこちらに示して欲しいと連絡したが、その後一切返信はない


補足ですが、出品者が出した画像は入場整理番号1番であ り、当然それが入手出来ると誤認させたものと考えられます。(画像と商品説明は質問の一番上にあります)


然るに他番のチケットを送ってきたので当然のこととして1番のチケットを送るよう要求したところ既に転売されていた。 しかし、転売についての情報を一切教えてこないという事です。


また、整理番号順に入場するので他番だと入場が遅くなり、好きな席を選ぶのに不利になります。


この出品者は取引連絡の途中でシリアルナンバーと入場整理番号の関係について虚偽の説明をしており、(この時はすぐにこちらが気づき嘘であると指摘した)一連の転売や専門家に聞いた等の話は信用し難い。(具体的な事を聞くと一切口を閉ざす、問題があるので答えられない、返信をしない等) なので、まずは内容証明にて専門家の具体的な内容(どこの誰か)と転売した事実経過、転売相手に対する買戻しに関する具体的な働きかけについて回答を求める事は妥当でしょうか。


さらに回答拒否の返事が来たり、返事なしの場合はどうすれば良いのでしょうか。 また、転売相手本人に無断で情報を知らせるのは個人情報により違反、問題になるというのは本当なのでしょうか。


もし、嘘だとわかったらチケットの交換、これまでのやり取りで精神的、肉体的負担が相当あるのでいくらかの損害賠償を求める事も考えています。 また、出品者の顔はネットで調べた所、本人の物が出てきたので知っています。万が一公演日までに回答がなくても会場に来ればたぶん分かります。


また、補足ですが、オークション出品における禁止行為として、注文、入札者に誤解を与えるような表示をすることが入っています。


長文でお手数ですがご回答よろしくお願い致します。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

転売相手は、何も知らずに買っている可能性もありますし、
無断で転売相手の情報を教えることに全く問題がないかというとそうは言い切れません。
しかし、弁護士に相談したうんぬんはおそらくウソです。
個人情報保護法は、企業などが集めた情報について定めるものです。
本件は関係がないといえるでしょう。

また、勝手に売った出品者が悪いことは明白ですから、
転売相手の情報云々についてだけ回答をする弁護士と言うのもおかしな話です。

本件では、売買契約を解除、代金の返還請求、損害賠償請求などをすることができます。
違うものを売り、まして勝手に転売していたというのですから、
出品者の非は明白です。

取引ナビか何かで連絡をとっているのですよね。
連絡がつかなくなったなら、内容証明、訴訟とした方がいいと思います。
私の経験上、そういった出品者は常習なので今までも同じようにしている可能性が高いです。
やるなら強くがつんとやった方がいいでしょう。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございました。

もう少しお伝えしたいことがあるのですが、出品者が相談した相手は弁護士ではない専門家だそうです。この点についてはいかがでしょうか。

また、出品者はチケットの売買については取引履歴からすると初めてのようで、他の出品についても10件程度の相手です。

 

それとオークション出品における禁止行為として、注文、入札者に誤解を与えるような表示をすることが入っています。これは最初の質問に載せてある出品状況の画像と文章を見て当然画像通りのチケットが買えると誤認させられた点で禁止行為に抵触しないでしょうか。

 

損害賠償を請求する場合の手続き等は弁護士さんにお願いする以外はありませんか。

 

 

以上よろしくお願いいたします。

 

 

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士ではない専門家でも同じことです。
おそらく相談はしていないと思います。あまりにもおかしな回答をしているので、意味はありません。

禁止行為、というよりも単純に民法上の債務不履行、詐欺などにあたる可能性がありますよ。
もちろん、禁止行為にもあたります。

弁護士に頼まず、ご自身で進めるという手もあります。
また、金額的には司法書士に依頼することも可能な案件です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問