JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

台風18号により、自宅裏山のコンクリート壁が崩壊し自宅の一部が壊れ、土砂が敷地内に流入した。水回り全てが使用できない

解決済みの質問:

台風18号により、自宅裏山のコンクリート壁が崩壊し自宅の一部が壊れ、土砂が敷地内に流入した。水回り全てが使用できないため、マンションを借りて避難している。裏山の地主は天災を理由に土砂、瓦礫の撤去を行わないため自宅の修復ができない。地主に土砂、瓦礫を撤去させるにはどのような手続きをふめばよいのか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

ご質問者様は、所有者として相手方(地主)に対し、所有権妨害排除請求権という権利を主張し、土砂等の撤去及び損害賠償請求を行うことが可能です。

 

ご質問の状況だとご自分で交渉して事態が進展しそうな気配がありませんので、弁護士さんに代理交渉を依頼し、それでも応じてこないようなら裁判をするしか方法はないように存じます。

 

下記の機関を利用できるようなら(収入等の要件がございますのでご確認ください)、弁護士費用の立替制度がありますので、費用面でのご負担が少なくて済むかと存じます。

一度お電話で確認してみて、利用できるようならご相談をされてみるとよろしいかと存じます。

 

【法テラス京都】

http://www.houterasu.or.jp/kyoto/

 

※上記機関がご利用できないようであれば、下記よりお近くの先生をご紹介頂けます。

【京都弁護士会】

https://www.kyotoben.or.jp/

 

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問