JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4627
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私はサラリーマン(48歳)妻は統合失調症で我がままで無職、子供は小学5年男子 一人です。妻とは結婚相談所で紹介され結

解決済みの質問:

私はサラリーマン(48歳)妻は統合失調症で我がままで無職、子供は小学5年男子 一人です。妻とは結婚相談所で紹介され 結婚しました。もう全てが耐え切れず離婚しようと思いますが、離婚するなら「全て折半」だと言います。
財産は4000万程の1戸住宅、100万程の貯金だけです。これは私が独身時代の金と私の親に借りた金で現在ローンは0です。妻とは15年ほどの結婚生活がありますが、いっしよに生活したのは、トータル3年ほどです。私の単身赴任時代、妻の実家が近くにあるため実家に入り浸りです。私の家のことは何もしません。それでも 全て折半ですか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、離婚理由は、奥様の統合失調症によるものでしょうか?

現在は、統合失調症も、裁判上の離婚理由となるので

離婚は可能だと思いますが、奥様の言われるように、財産分与は折半になります。

とは言え、その財産と言うのは、婚姻期間中に形成された財産であって

もともと結婚前からの所有の財産や、相続などで得たものは固有の財産となり

財産分与の対象とはなりません。

それらを除いての計算になります。

ただ、一緒に住んでいるいないはあまり関係がないので、15年間に作られた

財産は、名義がどちらでも共有財産になります。

もし、離婚前提の別居とかであれば、別居期間は含まれませんでしたが

単身赴任は別居とはなりません。

厳密に言うと、ローンの開始が結婚前でも、結婚中に支払ったローンは二人で

支払ったことになり、譲渡する場合は、ローンの半分を支払うなどの計算もあり得ます。

あくまで厳密にやればで、そこまで考える人はあまりいません。

いずれにしろ、離婚したくても出来ない方は多く

特に統合失調症の方とこのままずっと婚姻関係を続ける苦しさを考えれば

経済的なものは一時的なもので、ある程度の譲歩は必要かもしれません。

いつ気が変わるかわかりませんから、早目の対応が必要でしょう。

離婚後のトラブル防止には、離婚協議書を公正証書で作成されると良いでしょう。

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問