JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

元妻と協議離婚を先月を行った。同意書もハンコ押して、慰謝料、年金分与、財産分与見ない。条件は、元妻は親権で、僕は自由

解決済みの質問:

元妻と協議離婚を先月を行った。同意書もハンコ押して、慰謝料、年金分与、財産分与もない。条件は、元妻は親権で、僕は子供を自由に連絡、会うことも自由にできます。ちなみぬ、引っ越ししたいまでに僕に単独名義の家に自由に住んでも良いけど、ローン の75%を支払うし、僕は毎月の子供の生活費(電気代なども含む)75%を払うとの約束(同意)があった。家は5LDKで10万以下ですので、場所も良いし、10万円以下で東京から30以内で同じ物件まずないと思います。但し引っ越しする場合、子供の安全の面において、引っ越し先を最終的決める権限が僕にある、と同意書に明記した。 先程、「好きなようにように来ることができない」、「公認役場にハンコに正式押していないから同意書は無効だ」など、連絡無し家に来ることはDVであり、プライバシー損害ないなどを言いつけている。「子供も貴方と会いたくない」と言い出した。子供に聞いたら、「別に嫌ではない」。 ちなみにもと妻の仕事関係で家に帰るのは、8:45で、何回も食事の準備せず、子供がおやつをがつがつ食べることも数回見たことがある。 長い説明ですが、質問は、①同意書は有効ですか?②連絡無し家に来ることはDVですか?③供の安全の面において、引っ越し先を最終的決める権限ありますか。 宜しくお願いします。 永住権有り外人 (元妻は田舎から外国人です)。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

①有効です。
公証人の印の有無は、法的に有効かどうかの問題にかかわるものではありません。
公証人の印があることは、法的に強制執行できるかどうかの問題です。
しかし、本件では金銭債務に関わる内容の書面ではありませんから、公正証書かどうかはほとんど関係ありません。

②DVではありません。
普段から暴力などがあった場合には、DVになる可能性がありますが、
そうではないのでただの訪問です。

③同意書でそう定めた以上、権限はあります。
ただ、条項があいまいなので、完全な権限があるかというとそうとは言えません。
極端な話ですが、一ヶ月に1回引っ越しを決める権限まで認められるかといったら、
それが認められるはずがありませんよね。
要するに、常識の範囲内で認められるという内容で解釈してください。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答いただいて、ありがとうございました。


最後に追加内容ですが、アメリカにも結婚届けもコロラド州に提出し、コロラドの法律にまだ結婚している。コロラド州の家庭裁判訪問した際、「コロラドの離婚届けを出さない限りに、コロラド法律によると、まだ結婚している」、とコロラド州家庭裁判書の裁判官の秘書との話しでした(秘書は裁判官に相談にした)。実際にまだ結婚してますか?


 


もう一点ですが、元妻が日本人でした(こちらの文書誤り)。もしもと妻は同意書を反対する、実際従わないなら、どうすればよろしいでしょうか?離婚後の紛争?弁護士から電話または注意するのような手紙で十分ですか?


 


要するに、私はいきなり紛争タイプではありませんが、ち ゃんと約束を守ってほしいとのことです。同意書に書いた内容以上に望んでいないし、書いた内容以下も納得いかない。なぜなら、13再と15歳の子供と、4万円前後の2Kの古い賃貸アパートでいいとの話しで増した。その年頃、同じ部屋、ちなみに安全面で地震で問題になりそうですので、そのようなこと防ぎたいと思います。もと妻は毎月僕に給料タンス貯金が見つかったし、家族の家と土地も有り、十分10万円で一人払っても財産のうりょくありますので、嫌がらせではないが、一番安い所に住みたいとのことです。


 


宜しくお願いします。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
コロラド州の法律まではわかりません。
しかし、裁判所の書記官が言うのであればそのとおりなのでしょう。
おそらく、コロラド州というピンポイントの法律に通じている弁護士はほとんどいませんよ。


従わない場合には、調停ですね。
注意する文面を送っても守られないと思いますよ。
もちろん、紛争は好まないということで、いきなり調停にしないということは十分あり得る選択肢です。
しかし、ご質問をうかがう限りでは、文面で約束したにもかかわらず、
簡単に反故にしているので、注意程度では改まらないと思います。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
質問は放置せず、適切な措置をとって終了するようにしてください。

このまま放置することはサイトのルール氏に反しますし、
質問者様にも料金がかかってしまいます。

法律 についての関連する質問