JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

FCの契約内容についてお聞きします。2年前まで自宅でFCの塾をやっていました。辞めた後1年間は競業禁止とあり、期限切

解決済みの質問:

FCの契約内容についてお聞きします。2年前まで自宅でFCの塾をやっていました。辞めた後1年間は競業禁止とあり、期限切れを待って同業で独立しました。今回FCで使用していた教材(無償物品)をオークションに出品し、FC本部の方が落札したことで問題になり明日来訪されます。同時に出品した有料物品については、不問のような言い方をされました。こちらに非があるのは承知ですが、契約終了後に秘密保持義務に違反したことで、賠償責任に問われるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

競業避止義務特約の切れた後は、競業避止義務はありませんから、賠償責任は問われません。相手方は一体何を考えているのでしょう?逆に恐喝罪、強要罪、威力業務妨害罪にあたりますね。

 

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 3 年 前.


契約書には、教室の閉鎖後10日を経過しても教材の在庫を返還しない場合、定める基準に従い違約金を支払うものとする。教材を無断で複写、配布、改変する行為は、著作権法に違反し犯罪を構成する、とあります。競業避止義務特約が切れればこの内容も無効でしょうか。出品が非常識であると言われれば、賠償ではなく代金を返した上で謝罪するので十分でしょうか。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 競業避止義務特約と誓約書とは別個のもので、効力も別個に判定すべきものです。前者の契約期間が切れたから後者が無効になるわけでもありません。 

 しかし教材の複製でも海賊版の頒布でもないこと、からして著作権法(同法第30条以下)にふれるとも思えません。

 また同法違反は、著作権者が訴えることができるだけで、刑法犯にひっかかるものでもありませんし、(刑法)犯罪でもありません。

 

 かくみてくると、この誓約書じたいが無効ともよめるのですが。まぁ違約金はこれは反したことになるので払ったほうがよいでしょうが。

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 3 年 前.

素人頭ですが大体の事は解りました。すみません、競業避止義務特約でもう一つ教えて下さい。


期限切れを待ってと言いましたが、実は内々で生徒に声をかけ引き継ぐ様な形で続けておりました。場所も変え看板や宣伝もしなかったのですが、閉室後1年余りで場所を戻しブログやネット広告を始め、期限切れ後は看板やチラシも入れる様になりました。ネットの検索や閉室時の生徒のリストを見て個別に調べれば、直ぐに判明すると思われます。判明した場合契約違反に問われるのは必至でしょうか。以下契約内容です。


 


①営業上の機密及びノウハウを第三者に漏洩、他に流用しない。


②失効後満1年間、書面による承諾なしに類似する塾を自ら営まない。


③自ら営む場合、商標、商号、表示等を一切使用しない。


④閉室に伴い何らの不利益も及ぼさない。


 

専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 開業というのは可視的(目に見える状態)な形で行う場合をさし、内々に行う開業準備行為まではこの禁止規範の対象になっていないと思います。ですから、「判明した場合」は「●●であるから、●●の条項には違反しない」と抗弁することができます。

 

 また1項、3項、4項は1年経過後は効力を失いますしね。というのは、これらについても無期限という場合は無効にされますから。

  

 ※契約法務の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。


kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

先程FCの会社から連絡があり、オークションに出品し落札された教材の一覧表を作成しその合計金額を会社に支払う事、また手元に残っている教材を全て返却する様に指示されました。書面を持参の上で捺印を求められるかどうか分かりませんが、教材に関してはそれでお仕舞いかもしれません。


開業については相手の出方次第ですが、頂いた回答を参考に上手く言えると良いなと思います。昨日は訴訟云々と高圧的に言われたので、一応主人にも同席して貰う予定です。丁寧に教えて頂き大変ありがとうございました。

法律 についての関連する質問