JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

養育費に關連する費用についてお聞きしたいのですが、現在妻・子供と別居して2年以上が経過していますが、私自身、生活費を

質問者の質問

養育費に關連する費用についてお聞きしたいのですが、現在妻・子 供と別居して2年以上が経過していますが、私自身、生活費を妻に渡している關係上、経済的な余裕がなぐ、所有しているマンションをゲストハウスのような形態にして貸しながら、手狭なリビングルームで生活している状況です。

今後、具体的に離婚を前提に話をすすめるにあたり、私は今の生活水準を維持することなく、つまりマンションのリビングルームに住む生活には相当のストレスを抱えており、今後は安くて良いのでアパートを借りて自分の生活をスタートさせたいと思っています。

妻からすれば、そうなれば養育費が減るのは明らかで、納得しないかも知れません。

もしこの状況で調停や裁判になった場合、私が普通の生活を送る権利や意思は尊重されるものでしょうか??

まだ、下の子供は7歳ですから、妻の希望する養育費を支払うために、マンションのリビングルームに10年以上生活基盤を置くことはとても想像したくありません。

どうかお知恵をお借りできればと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

むしろ質問者様のような方のために、養育費減額の調停が用意されているのです。

お子さんのために養育費を支払うべきなのは当然のことですが、
それは自分の生活があってのことです。

養育費を支払うために、生活を厳しく削ることになっているのでしたら、
そのような事情を調停で主張すれば認められるのが通常です。

もちろん、年収に比してぜいたくをしているのであれば、
それは認められませんが、かなり厳しいのであれば減額が認められます。

普通の生活を送る権利などと深刻に考えず、
堂々とご自身の権利を主張してください。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早々に回答頂きありがとうございました。


 


力強い答えを頂きとても有難かったです。


 


相談してみるものですね。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
ぜひ、がんばってくださいね。

法律 についての関連する質問