JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

慰謝料・養育費を請求したいのですが、いくらくらい請求していいものなのか教えていただきたい。

解決済みの質問:

慰謝料・養育費を請求したいのですが、いくらくらい請求していいものなのか教えていただきたい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

回答のために確認したいのですが、

離婚の原因は何ですか?

お互いの年収とお子さんの年齢、人数を教えてください。

また、マンションはローンが残っていますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

何年も前から言い合いが絶えず、我慢我慢でここまで生活してきました。


私はこのまま我慢して平穏な生活が送りたかったので離婚という選択肢はありませんでした。


相手にも言い分はあるでしょうが、私は家庭のことだけを考えて今までやってきたのに、彼は自分が一番なようで私や子供と離れて自由な生活が欲しいと一方的に離婚を言ってきました。


はっきり言って理由がないというか、考え方の違いですかね。


 


主人の年収は400万くらい、私は70万くらいです。


 


子供は20歳(社会人)と17歳(高校生)です。


 


マンションのローンはまだあと900万くらいあります。


 


マンションには私たちにそのまま住めばと軽く言っていましたが、


ローンや管理費、固定資産税等私に維持する財力はありません。


 


私が病弱でまともな仕事につくことが難しく、本当に悩んでいます。


 


よろしくお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
離婚に際して慰謝料を請求できるのは、相手に不貞行為(不倫)や暴力行為があった場合で、単に性格の不一致での離婚では慰謝料は認められません。

養育費は支払ってもらえます。
養育費はお互いの話し合いにより定められますが、話し合いが決裂した場合は家庭裁判所の調停を申し立て ることになります。家庭裁判所の調停ではお互いの収入によって定められますが、家庭裁判所の作成した養育費算定表によると、質問者様の場合は4万円から6万円の範囲になります。

マンション等の財産は財産分与として分けられますが、ローンが残っている場合は相手が残りのローンを支払うか、質問者様が支払うかを決める必要があります。もし、相手がローンを支払うつもりがなく、質問者様も支払えないとなるとマンションを売ってその売却金でローンを完済しなければなりません。


以上のように離婚するとなると、質問者様に不利な状況になってしまいます。
離婚するかどうかは質問者様の承諾がなければ、することができませんので質問者様が離婚届にサインをしなければ相手は離婚できません。
離婚できなければ、相手は質問者様を養う義務がありますので、今の生活を続けていくことはできるでしょう。

離婚して経済的に難しい状況になるか、離婚しないで今の生活を続けていくか、それを決めるのは質問者様なので、よく考えてからお決めになることをお勧めします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

慰謝料はもらえないということでしたが、相手は離婚の意思が固く、今の状況では離婚するしかないのかなと思います。


今の生活を続けるというのは私一人がそう考えても相手にその気がなければ無理ですよね。


これが現実なのでしょうが、かなりへこむ回答でした。


 


最初にお聞きするのを忘れていたのですが、マンションの購入資金を私の両親が200万くらい出しているのと、その他もろもろ援助してもらっているお金は返してくれと請求できますか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
確かに現実は厳しいですが、今の生活を続けていくと言ったのは、経済的なことに関してです。離婚しなければ経済的には今の状態を続けていくことはできます。生活費を支払わない夫に、裁判所を通じて支払わせることができるからです。

質問者様の親に援助 してもらったのであれば、マンションの購入資金の200万円については、マンションを売ってローンを完済し、さらに現金が余ったのであればそこから質問者様が受け取ることができます。

その他の援助に関しても、ご両親が質問者様に対しての援助ということで、贈与してくれたのであれば質問者様の財産ということなので財産分与として受け取ることができますが、あくまでも離婚時に残っている財産からもらえるものです。夫に借金してまで返せと言えるものではありません。



質問者: 返答済み 4 年 前.

裁判所を通じて支払わせることができるというのは、申し立てをしなくてはいけないということですよね?


 


マンションの名義が私ではなく、話し合いで生活のめどが立つまで今のマンションに住ませてもらえることになった場合、固定資産税の支払いやマンションの管理費・修繕費の支払い義務は私にはないですよね?


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>裁判所を通じて支払わせることができるというのは、申し立てをしなくてはいけないということですよね?
→そういうことになります。家庭裁判所に婚姻費用の請求の調停を申し立てることになります。
参考 婚姻費用調停 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_03/


マンションの名義が質問者様でなければ、質問者様に支払う義務がありませんので、相手に支払ってもらえます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

色々教えていただきありがとうございました。


 


私の考えが甘かったと反省させられました。


 


でも固定資産税の件等安心させられた点もありましたし、何度確認しても離婚の意思が固いとわかったので離婚する方向でこれから話をしていこうと思います。


 


ありがとうがざいました。


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
こちらこそ、ありがとうございました。
評価をしていただいて、終えていただけると嬉しく思います。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問