JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2285
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

父が亡くなり31年。4人兄弟ですが、私だけが父の実子ではありません。 最近母が亡くなり、長男夫婦が同居していました

質問者の質問

父が亡くなり31年。4人兄弟ですが、私だけが父の実子ではありません。
最近母が亡くなり、長男夫婦が同居していましたが。
私達姉妹とは折り合いが悪く、実家はないものとあきらめていました。
また、私と1番下の妹は、母に家の保証人になってもらっていたため、
金銭的に迷惑をかけてしまいました。金銭があるわけではないのですが、東京の吉祥寺に住まいがあるため、売ればいくらかにはなると思います。
こういう状況で私は相続権があるのでしょうか? また、母の実子ではありますが
父の実の子ではないため、何か法律のルールはあるのでしょうか?
ご返答宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


確認したいのですが、東京の不動産の名義は誰になっているか分かりますか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
実母です。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
不動産の名義が実のお母様であれば、質問者様にも相続する権利はありますね。

あくまでも、今回の相続はお母様に関してのものですから、お父様の件は関係ありません。

なお、法定相続分は兄弟均等に4分の1ずつとなります。

質問者: 返答済み 4 年 前.
母は認知症になったので、後見代理人を決める時、相続放棄の

書類を書きました。指定の書類ではなく、裁判所からの連絡もなかったのですが、書いてしまったら、相続はできないのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
法律的にお母様が亡くなる前に裁判所で「相続放棄」の手続きはできません。

なぜ後見人を決める際に相続放棄の書面を書いたのでしょうか?具体的な内容は覚えてますか?その書面に署名捺印したのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
弟に言われるままに、その時は弟に家はあげるつもりだったので、こちらで便箋に放棄しますと書いて、署名、捺印しました。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。

弟さんに相続放棄しますという書面を書いたということですが、その念書の無効を主張できます。

相続開始前(母死亡前)の相続の放棄は効力ありません。さらに、相続開始前の遺産分割協議も無効だからです(東京地方裁判所平成15年3月6日 判決 )。

したがって、質問者様はお母様の不動産を相続する正当な権利があります。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
家、土地のみ財産があって、弟が拒否し、住み続けることも民法上は可能だと聞きましたが、対処方法はありますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
弟さんも相続する権利がありますので、弟さんが家に住むことは可能です。

ただ、質問者様も相続して不動産の共有者となれるので、「共有物分割請求」をすれば弟さんは質問者様の持分に応じて金銭を支払わなければならなくなります。
つまり、持分を金銭で買ってもらうということです。

相手が応じなければ、共有物分割請求訴訟を裁判所に申し立てて決着をつけることになるでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。もう1つ、母は認知症で弟が青年後見人だったのですが、財産の処分も自由にできるということですが、万が一、
母の家、土地の登記を自分に変えていた場合、対処方法はありますか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
成年後見人だからと言って、お母様名義の不動産を勝手に弟さんの名義にできるわけではありません。

もし、弟さんの名義になっていたとしたら、それは文書を偽造して法務局に申請した疑いがあります。その場合は法務局に申請書の閲覧をしてみましょう。質問者様が書いた覚えのない書面が提出されていたなら、その点で無効を訴えることが可能になります。

法律 についての関連する質問