JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

下請け社員が3年前現場で怪我をし、1年前に労災が終わりましたが微妙に怪我のヶ所が痛く、今後遺症認定をうけてます。そし

解決済みの質問:

下請け社員が3年前現場で怪我をし、1年前に労災が終わりましたが微妙に怪我のヶ所が痛く、今後遺症認定をうけてます。そしてうつ病を患い、会社を辞め、働く意欲もない
うつ病の 一因が事故も関係していると、医者も言うとのことです、事故の時、訴えんでくれと、当社監督が言った、また最後まで面倒見るといったから、何とかしてくれ、200万もらえな、警察に訴えると言ってきました、当社は、労災と事故保険見舞金20万を今まで払いました、できれば穏便に済ませたいですが、金額があまりにもなのでどうしたらよいか悩んでいます。宜しくおお願いいたします
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

労働者がわが訴訟に持ち込めば、会社は(事故と障害の因果関係、安全配慮義務違反の立証があれば)敗訴する可能性もあるので(その場合は200万ではすまないと思います)、やはり示談したほうがよいでしょう。

 

 症状としては神経症状のようなので、障害等級にあわせて(自賠責 後遺障害等級でみると、12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの 224万円 14級9号(局部に神経症状を残すもの 75万円を参考に)示談をすること(場合によっては分割返済で、またのべつまくましに請求されたり蒸し返しをされることを防止する意味で必ず書面で行うこと)ですね。

 

 なお民事賠償を受けた場合、慰謝料名目のものを除き、逸失利益賠償的なもは、重複するとしてその分減額されます。

 

 ※雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問