JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2286
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

祖父が平成4年に土地を売却いたしましたが、現在に至るまで名義変更をしてくれていません。 売買代金は、受け取っている

質問者の質問

祖父が平成4年に土地を売却いたしましたが、現在に至るまで名義変更をしてくれていません。
売買代金は、受け取っているようですが、固定資産税がずっとこちらがわが負担しています。
祖父から引き継いだ土地なので、以前の固定資産税がいくらか把握できず、
正確な金額を請求することもできません。市に相談しても10年分しか出 せないと言われました。
また、自営業のため、相続した土地を含めての保険料となり、そのぶんも増額されています。

未払いの固定資産税を払ってもらう場合、延滞金等は請求できるのでしょうか?
また、祖父から相続した際の登記費用についても、本来であれば支払う必要がなかったものです。
これらについても請求できるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。

質問を拝見したところ、20年以上も所有権移転登記をすることなく放置していたということになりますが、その間、相手(買主)は何も言ってこなかったのですか?

また、今現在その土地の利用状況はどうなっているのでしょうか?


質問者: 返答済み 4 年 前.

ずっと何も言ってこず、平成22年になって、相続後、


不要な土地でしたので売却しようといろいろと整理していたら、


当時の売買契約書が出てきたというところです。


 


そこで、購入した事業者に問い合わせたところ、


その土地は当社のものだから売ることはできない。


売るなら、購入代金を返却しろ!と言われたところです。


 


上記のように、こちらから問い合わせて、やっと返答がきた状況です。


また、相手方としては、倉庫か何かで使用はしているようです。


 


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。売買契約書があり、相手が土地を利用しているということから、売買があったことは間違いなさそうですね。それにしても購入代金を返却しろ、とは酷い対応ですね。

質問者様のような状況の場合、相手に対して登記を移 転して名義を本来の所有者のものにするように請求する権利(所有権移転登記請求権)が行使できます。

売買契約の日付から本来の所有権は相手業者にあったので、固定資産税や相続登記は負担する必要がなかったものです。さらに固定資産税を負担していたわけですから、その負担していた代金に対する利息も請求できると考えられます。

ただし、所有権移転登記請求権を行使したり、上記の負担金の請求するにしても、裁判をするしかないです(話し合って理解してくれるようには思えないので)。

弁護士に依頼して、上記のような請求を裁判でしてもらうことをお勧めします。このまま登記を放置しておくとずっと税金が質問者様に請求されることになります。

法律 についての関連する質問