JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

保証協会の連帯保証人になっている会社が倒産し、その会社の社長も個人破産をし、 私にその保証がまわってきました。

解決済みの質問:

保証協会の連帯保証人になっている会社が倒産し、その会社の社長も個人破産をし、
私にその保証がまわってきました。
がしかし、計画的に倒産をし、資産を持っている事実を知っているのですが...
その場合でも連帯保証人の場合はどうすることもできないのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
連帯保証人となる契約はあなたと保証協会との間で交わしたものですから、主債務者の会社や社長の行動は原則として影響しませんし、また、連帯保証人とは債権者から請求されれば主債務者に資産があるか否かにかかわらず弁済しなければならないという重い責任を負いますから、保証協会への支払義務を免れることは残念ながらできないでしょう。

しかし、あくまでも保証人は本人に代わって債務の弁済を行う者ですから、主債務者に対しては保証協会から支払を求められている金額の全額を事前に請求することができますし、他の保証人に対しては保証協会に支払った後に相手の負担割合に応じて請求することができます。(この権利をを求償権といいます)

ですので、会社に対して求償権を行使したり、社長個人の不法行為を追求する方法により請求し、任意に支払わないのであればその資産を差し押さえてそこから回収することになります。
ただし計画的に倒産して資産を隠すような相手ですから、請求すればまた資産を隠すなどする危険が高いですので、弁護士に依頼して周到に準備することをおすすめします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

相手が個人破産しておりますが...


この件は問題ないのでしょうか?


 


「弁護士に依頼して周到に準備することをおすすめします。」


その方法、手順はどのように?


また、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
免責が決定してから一年以内であれば免責の取消の申立てができますし、破産する際に資産を隠すことは詐欺破産罪と言う犯罪であることから、有罪となれば裁判所の職権でも免責を取消すことができます。
免責を覆すのは大変ですし弁護士費用もかかりますが、行動を起こさなければ回収を諦めるほかなくなってしまいます。、

費用については請求する金額や各弁護士により異なりますので、ここでご案内することができないご質問です。
まずは保証契約書や保証会社からの請求書・通知書等の書面を持って、弁護士と直接面談での相談に行ってください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

「弁護士と直接面談での相談に行ってください。」


 


大阪市内でどちらか、おすすめはありますでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
申し訳ないのですが、特定の弁護士を紹介することも当サイト利用規約により禁止されておりますので、ご案内することができません。
こちらの大阪弁護士会の法律相談センターで面談予約を取るか、お近くの弁護士を紹介して貰ってください。
https://soudan.osakaben.or.jp/yoyaku/index.php
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問