JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

友人のフランチャイズの店に出資して、フランチャイズ契約の連帯保証人になったのですが、連帯保証人も競業避止義務・秘密保持義務の責任も負わなければならないのでしょうか? 私自身

質問者の質問

友人のフランチャイズの店に出資して、フランチャイズ契約の連帯保証人になったのですが、連帯保証人も競業避止義務・秘密保持義務の責任も負わなければならないのでしょうか?
私自身 飲食店を経営してましてフランチャイザー側から この商品は扱ってはいけないなどと言われ、従わなければ友人のフランチャイズの店を閉店させて、私の飲食店の店を訴えると言って困っております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、いろいろな法的な問題が複雑に絡んでいるようにも思えます。

一つは、連帯保証人に関しては、借金に対する返済における保証人なので

フランチャイズの場合は、フランチャイズ本部に対して契約者が何か損害を与えた場合の

損害金の返済の保証人と言うことですから、それだけを補償できれば

本来は良いのでしょうが

連帯保証契約は、債権者と連帯保証人の契約なので

その契約書の中で、競業避止義務や秘密保持義務の契約があれば

それに従うことになります。

ただし、競業避止義務は、労働法や憲法において議論される部分ではあります。

秘密保持義務も、資格や公的機関によっては義務付けられますが

民間は契約上の秘密保持義務なので、どこまで制限できるかの問題もあります。

ただ、契約書にあれば、それに従うしかないかもしれませんし

連帯保証人を辞める申出をして、友人の方には、継続してしてもらうように働きかけると

良いでしょう。

実際には、連帯保証人を友人にしてもらうのは、トラブルのもとです。

連帯保証人を請け負う民間の会社もあります。

友人を助けることで、ご相談者様のお店が損害を受けては全く意味がありません。

連帯保証人を外れても、友人を裏切ることには成らないでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 3 年 前.

返答ありがとうございます。


 


もっと詳しく判断をしていただけるよう、契約条項を。

第8条 競業の禁止
 乙または、乙の関係者は、甲の承諾なくしてこの契約の有効期間は勿論、契約終了後10年間は、当チェーン、又、類似の事業の経営、出資、従事等してはならない。
第16条 機密の保持
 乙および乙の従業員は、本契約、付帯契約、規定、連絡文章等、甲の指導内容及び、白一チェーン運営に関する計画、実施、その他契約に関して知り得た事項の一切を第三者に漏らさない。また、乙および乙の従業員は、本契約終了後も秘密義務を負う。
第27条 連帯保証人
 1、連帯保証人は、 本契約により乙が負担する一切の債務を保証し、担保の有無、変更にかかわらず、乙と連帯して履行の責任を負う。
 2、乙は連帯保証人に重大な身分、地位の変動があった場合、延滞なく甲に申し出る。


 


この契約条項だと、連帯保証人にも、競業措置義務、秘密保持義務も負わなくては、ならないのでしょうか?


 


宜しくお願い致します。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、契約内容の一部だけですが

そこでわかる範囲でご回答致します。

白一チェーンとは、アイスのお店でしょうか?

ネット検索すると、お店はそれしか出て来ませんでしたが。

第8条に関しては、ここは、憲法違反になる恐れがあるので

慎重な契約内容が要求されます。

10年間と言うのは長いですし、かなり限定的な制約でないと問題があると言われています。

ここは争える部分です。

また、乙の関係者に連帯保証人が入るかどうかは、規定されていませんから

疑問が残るところです。

第16条は、乙と乙の従業員と限定されていますから、連帯保証人は関係ない話でしょう。

そう言う意味では、手落ちのある契約書のようにも見えますから

争える部分かもしれません。

連帯保証人は、あくまでお金の問題だけです。

秘密がご相談者様に漏れたとなると、乙や乙の従業員に問題があるとも言えます。

もめるようであれば、弁護士の先生に代理交渉してもらう方が良いでしょう。

あくまでも、この手の争いは、司法の場での判断になってきます。

調停なり訴訟が必要になるケースとも言えます。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問