JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

ノンバンクの金融業者に300万の融資を申し込んだところ、実績作りのために470000円の振り込みをするので、現金書留

質問者の質問

ノンバンクの金融業者に300万の融資を申し込んだところ、実績作りのために470000円の振り込みをするので、現金書留で60万送るように言われ実行したが、実行されなかったので、返金要求したら
信用調査所に問題企業として名前を掲載すると言われ、載せないためには、契約解除合意書に署名捺印をして送り返すよう言われ従ったのですが、異議申し立てをしたら違約金を請求できると書いてあるのですが、このような書類は、有効なのでしょうかまたこのような理不尽な事をする業者に返金をしてもる事は出来ますか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

 その契約解除合意書は有効ではありません。

 

 違約金がとれるどころか、逆に違約金を手数料名目で要求してきますよ(問題企業としての名簿に登載をやめるには手数料がかかります等申し向けてくる)。よく読んでくださいね。

 

 融資保証金金詐欺ですね。融資を受けるのに保証金が必要というのはおかしい

と思いませんでしたか?

 

 詐欺の立証ができれば返還に応じてくれます。

 

 弁護士に委任して取り戻し交渉をしてもらいましょう。

 

 刑事告訴も可能ですが、お金を戻してもらうほうがさきですね。

 

 地元弁護士会の有料相談に行き、そこから紹介を受けてください。借金問題ではなく

悪徳商法なので無料相談はむりと思いますが。

 

 ★刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

質問者: 返答済み 4 年 前.

先に入金して来て、すぐには返さなく良いと言ったので、保証金詐欺とは、思わず300万を9パーセント前後で貸 すための、信用を付けると云う名目の手数料と考えて、言いなりになってしまいました。実は、融資が出来ないことも考えて、もい1社オファーを出したのですがそこも同じようなシステムだったので、ノンバンクは、そんな申し込みのやり方かと思ってました。保証金詐欺には、前に引っかかりそうになり警察に振り込んだ口座の凍結を銀行にして貰うようにして、戻って来る事なってます。コウジ単価が下げ止まりで、売り上げが上がらないので銀行が貸し渋りするので、そいう所から借入する道を選ぶしかないのです。実際先に向こうからお金も振り込まれてますので、詐欺の立証は?

質問者: 返答済み 4 年 前.

先に入金して来て、すぐには返さなく良いと言ったので、保証金詐欺とは、思わず300万を9パーセント前後で貸すための、信用を付けると云う名目の手数料と考えて、言いなりになってしまいました。実は、融資が出来ないことも考えて、もい1社オファーを出したのですがそこも同じようなシステ ムだったので、ノンバンクは、そんな申し込みのやり方かと思ってました。保証金詐欺には、前に引っかかりそうになり警察に振り込んだ口座の凍結を銀行にして貰うようにして、戻って来る事なってます。コウジ単価が下げ止まりで、売り上げが上がらないので銀行が貸し渋りするので、そいう所から借入する道を選ぶしかないのです。実際先に向こうからお金も振り込まれてますので、詐欺の立証は?

専門家:  kionawaka 返答済み 4 年 前.

詐欺の立証は刑事的には検察官の役割ですが、民事的にも、ぎもう行為(だますこと)→錯誤に陥って財産的処分行為をなすこと→両者の間に因果関係のあること、を立証する必要であります。

 

 >先に入金して来て、すぐには返さなく良いと言ったので、保証金詐欺とは、思わず300万を9パーセント前後で貸すための、信用を付けると云う名目の手数料と考えて、言いなりになってしまいました

 

→之が錯誤に当たります。先にお金を入金してくるのは、押し貸しの手口です。

 

 しかしヤミ金に対する対応はもはや素人では不可能ですので、弁護士に委任せざるを得ません。

 

 ★刑事告訴・告発の専門家たる行政書士としての回答です(行政書士法第1条の3第3号 法定外業務 法規相談)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

法律 についての関連する質問