JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

三年ほど前、ある女性から、度を越した手酷い暴言を受け、当時、健康を損ね、仕事にも影響して資産を減らしました。ようやく

解決済みの質問:

三年ほど前、ある女性から、度 を越した手酷い暴言を受け、当時、健康を損ね、仕事にも影響して資産を減らしました。ようやく様々な厄介ごとの始末がついたのもあり、今年に入り、その女性がいる団体に、かかる暴言を、どうしてくれるのかを聴いたところ、「証拠がないのだから」、「水に流して忘れてほしい」、「彼女は、そういう欠点がある」で避けられ、面談の機会も設けてはくれません。ある弁護士に、この件について、対面で相談したところ、「証拠がない」、「多数者の向こうが口裏を合わせられたら、勝ち目がない」、「追及しすぎると不法行為で訴えられる」などと言われ、悔しい思いをしました。
この件は、「泣き寝入り」するしかないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。
民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

お話から、基本的に、民事の場合は、余程、報酬額が高額になるものでないと

弁護士の先生が、乗り気になることは無いかもしれません。

手間ばかりかかりお金にならないからです。

一人の先生だけでは無く、社会派と言われるような立派な弁護士の先生に

ご相談されることです。

また、訴訟となるには、証拠や証言が必要になります。

その時のことを証言してくれる方にご協力を求めるのも手です。

また、慰謝料の請求の時効は、その事件があってから3年になりますので

時効の援用をされればお終いと言うことにもなりかねません。

その辺りは、大丈夫でしょうか?

時効に関しては、相手が、道義的な責任を感じて援用しないなら慰謝料の

支払等はあるかもしれません。

とりあえず、内相証明等で謝罪請求や損害賠償の請求をしてみましょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問