JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私文書偽造にあたりますか? 7年前に離婚し、子供の養育費を決定し公正証書と交わしました。今回元夫から再婚を理由に養

解決済みの質問:

私文書偽造にあたりますか?
7年前に離婚し、子供の養育費を決定し公正証書と交わしました。今回元夫から再婚を理由に養育費の減額も申し入れがあったの ですが・・・減額を受け入れ、同意書を作成し互いに署名をしたのですが
元夫は現住所の記載欄にウソ(引っ越ししてもう済んでいない前住所。5か月前の住所です。この話し合いが終わるまで免許証の住所変更をせずに待っていたようです。)を書いておりました。この同意書は新たな公正証書の案として公証人に預けておりますが、こういった金銭に関わることで住所記載にうそを書くというのは極めて不誠実と思います。理由は「新家庭の住所を知られたくなかった」と申しておりますがワタクシがストーカー行為をしていたわけでもありません気づかなければこのまま公正証書が出来上がったとき公証役場で訂正しようと思ったそうです。この和解がすべて済むまで自宅をかくしておきたかったそうですが、このようなウソの同意書に自書させられた私は大変な精神的苦痛です。公正証書の原案に虚偽の申請をして相手を納得させようとした元夫はなにもついきゅうされることはないのでしょうか。可能である限り刑事告訴を希望しております。いかがでしょうか
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.

弁護士です。はじめまして。

 

難しい話なのですが、文書の内容を偽ることは、法律上「偽造」とは言いません。

 

他人が作る書類を勝手に作ることが「偽造」です。

つまり、免許証を勝手に作って運転すると免許証の偽造となるのです。

したがって、本件で文書偽造とはなりません。

 

しかし、住所の記載を偽ることは極めて問題です。

こういう場合には、公正証書原本不実記載罪という犯罪になります。

 

刑事告訴をご自身でされるのであれば、罪名をご自身で判断せず、警察と相談しながら進めるようにしてください。

場合によっては、詐欺罪も別に成立することもあります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

迅速な回答、有難うございました。慎重に告訴を検討します。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.

実損害が出ていないとか何とか言われると思いますが、犯罪の成否には関係ないので、

もし告訴する場合には強気にいってください。

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
質問は放置せず、適切な措置をとって終了するようにしてください。

このまま放置をすると、質問者様には料金がかかるにもかかわらず、
回答者は一切報われないということになりますし、
放置はサイトのルールにも反します。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問