JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

示談の場において、証人として相手方が連れてきていた男性に殴られそうになりました。 その他にも現在の社会的な地位を失

質問者の質問

示談の場において、証人として相手方が連れてきていた男性に殴られそうになりました。
その他にも現在の社会的な地位を失わせるということや親族に言いふらす、警察に告訴する等の脅し を受け、相手の要求した金銭条件をそのまま飲む形で署名をさせられました。
今回の示談の件以降、その時の怖さが頭から離れず、体調を崩し、病院に行ったところ不安神経症と診断されました。
こちらが悪いことをしたことに対しては深く反省をしています。しかし精神病にかかるほどこちらを追い詰めたことに対して、相手方にはなにも責任はないのでしょうか。
ご回答をお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.

弁護士です。

 

いくら最初はこちらに非があったとしても、何をされても文句を言えないわけではありません。

質問者様がされたことは、恐喝です。

元の件とは関係なく、質問者様が被害者です。

 

本来は、すぐに警察に行けばよかったのですが、今は悔やんでも仕方ないですね。

おそらく弁護士は、示談の場で起こったことについて知らないのだと思います。

示談は示談として、内容に不服がないのであれば、そのとおり支払ってください。

 

その上で、恐喝をした人物に対しては慰謝料等を請求することが可能です。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


いくつか質問があります。


・本日相手方の弁護士から、正式な示談書が届きました。その記載事項に「甲と乙の間には、本示談書に定めるほか何らの債権債務が存在しないことを相互に確認する」と書かれていますが、これは署名を行ったとしてもこちらから恐喝について慰謝料を請求できなくなるということにはならないのでしょうか。


・また、こちらから慰謝料を請求する際、再度示談した内容についてこちらの非を責められることはあるのでしょうか。


・現在、多忙のためすぐすぐにはこちらから慰謝料を請求する時間がとれません。2月頃から慰謝料について弁護士の方と話し合おうと考えていますが、示談成立から時間がたつと時効などによってこちらから慰謝料を請求できなくなるのでしょうか。


ご回答をお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.

>・本日相手方の弁護士から、正式な示談書が届きました。その記載事項に「甲と乙の間には、本示談書に定めるほか何らの債権債務が存在しないことを相 互に確認する」と書かれていますが、これは署名を行ったとしてもこちらから恐喝について慰謝料を請求できなくなるということにはならないのでしょうか。


→恐喝を行ったのは甲でも乙でもありませんよね。
恐喝の慰謝料請求には影響ありません。

・また、こちらから慰謝料を請求する際、再度示談した内容についてこちらの非を責められることはあるのでしょうか。

 

→示談した内容は揺るぎません。示談と恐喝は全くの別件です。


・現在、多忙のためすぐすぐにはこちらから慰謝料を請求する時間がとれません。2月頃から慰謝料について弁護士の方と話し合おうと考えていますが、示談成立から時間がたつと時効などによってこちらから慰謝料を請求できなくなるのでしょうか。

 

→時効は恐喝があったときから3年間です。

jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

恐喝は示談の場において、示談書内における甲にあたる人物が私に対して行ったものです。


恐喝についての記載がない以上、署名を行ってもこちらから慰謝料を請求することに関しては制約されないという解釈で間違いはないのでしょうか。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
甲が連れてきた証人ではないのですか?

甲イコール恐喝者の場合には、示談をすると何も言えなくなります。
慰謝料請求を考えているならサインはしないでください。

おそらく、弱みを感じているのでそういう示談をしたいのでしょう。
相手主導で話が進んでいるので、質問者様からも提案などして流れを変えてもいいでしょう。

法律 についての関連する質問