JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

私の父親が今年の5月に亡くなりました。 相続資産がどれほどあるのか不明なので、その調査の可否及び 資産がある場合

解決済みの質問:

私の父親が今年の5月に亡くなりました。
相続資産がどれほどあるのか不明なので、その調査の可否及び
資産がある場合の相続権について教えてください。

1.父は母と約50年前に離婚しています。私の母は元気です。
2.父は再婚し、娘が一人います。再婚相手は亡くなっています。
3.再婚相手の娘さんからは連絡等はありません。
4.母は父から養育費等受け取っていません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

遺産は基本的に遺品(預金通帳や不動産権利証、株券等)から調査するのですが、それが不可能な場合は、その異母兄弟の方に確認することになろうかと存じます。

不動産に関しては、お父様のお住まいの市町村役場で”名寄帳”という書類をとればある程度わかりますが(お父様が亡くなり、ご自分が相続人であることを言えばとれます)、預金に関しては金融機関ごとに確認する必要がありますので、やみくもにやるのはかなり大変な作業になります。

その他、株式や保険なども遺品から調査していかなければ調査は困難です。

 

相続権については、遺言が無いのであれば、ご質問者様と異母兄弟の方で1/2づつ相続することになります。

仮に遺言があり、ご質問者様以外の方に全て相続させるようになっていた場合は、遺留分として遺産の1/4をご主張できることになります。

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問