JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

知人に、お金を貸しています。 平成14年6月末日付けで、金銭消費貸証書とゆうものを、取り交わしています。 平成1

質問者の質問

知人に、お金を貸しています。
平成1 4年6月末日付けで、金銭消費貸証書とゆうものを、取り交わしています。
平成15年8月から利息を毎月3か月支払われました。
それ以降、年に1~3回まとめて、100万~50万こちらから、連絡すると振込があります。
平成23年3月9日を最後にふりこみが、ありません。
毎月、でんわ連絡するも、いいくるらめています。
その間に、タイに仕事で行って連絡はあるものの、入金されません。
契約書には、支払い日より5年終了日に、再確認後、利息調整・元金返済調整します。となっていますが、すでに、その時点では、タイに行っていて、それもなされていません。
最近では、連絡もつきません。
親にも、連絡をとってくれるよう、連絡はしているのですが。
契約書とゆうものは、時効は、あるのでしょうか.
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
弁護士です。

契約書に時効という考えではなく、契約そのものの時効とお考えください。
契約書というのは、契約をただ書面にしたものです。

本件の時効は、最終返済日から10年です。
平成23年3月9日に振り込みがあるようなので、時効の心配は要りませんね。

時効の心配は要りませんが、返済ががないのではないかという点は心配です。
連絡もとれなくなったということで、返済がされないおそれが高まっているといえます。
次に連絡をとれたときには、一括かそれに近い形で返済をしてもらった方がいいでしょう。

法律 についての関連する質問