JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

困っており、ここに相談させていただきました。自転車で帰宅中、携帯電話をしながら歩いていた若者とぶつかりそうになり

解決済みの質問:

困っており、ここに相談させてい ただきました。
自転車で帰宅中、携帯電話をしながら歩いていた若者とぶつかりそうになり、回避。
その際に「避けたんだから頭を下げるぐらいしろ」と注意し、走り去ろうとしたところ、
詰め寄られ、身の危険を感じて殴ってしまいました。
その後、カバンを持ち去られ相手は交番に。
この場合、当方の愚かさがあるのですが、
障害賠償とかはいくらぐらいになるのでしょう?
また、身の危険を感じるほどに詰め寄られたための防衛本能だったのですが、
民事の際に弁護士さんを頼むべきでしょうか?
今後の対応を教授願えればと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

確認させてください。

相手がカバンを持ち去ったことについては、何も問題になっていないのでしょうか?

殴った結果、どのくらいの怪我を負ったかわかりますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
カバンを持ち去ったのは自己防衛のためとのことで、
問題になっていません。
相手の傷は診断書がポストに入れられており「頚椎捻挫、左大腿部打撲、右足首捻挫、顔面挫傷」の全治10日。
相手から電話があり告訴取り下げと、慰謝料で50万以上と。
いう状況です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
カバンを持ち去ったのは自己防衛のためとのことで、
問題になっていません。
相手の傷は診断書がポストに入れられており「頚椎捻挫、左大腿部打撲、右足首捻挫、顔面挫傷」の全治10日。
相手から電話があり告訴取り下げと、慰謝料で50万以上と。
いう状況です。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

もう1点教えてください。

質問者様に前科はありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.
あったくありません
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

賠償額ですが、全治10日程度であれば、せいぜい数万~10万程度です。
しかし、これは賠償額を裁判で争った場合の金額であり、
裁判外で被害者がもっと高い金額を請求してくる可能性はあります。

そして、実際にそのようになってしまっていますね。
さらに告訴取り下げを条件にされてしまっており、被害者としてとるべき行動をとれているといえます。

このまま告訴を取り下げられないとしても、罰金20万円前後の処分で終わると思いますが、
前科としては残ります。
これが嫌であれば、告訴取り下げのために動くしかありません。

50万という金額ですが、全治10日にしては高いです。
ただ、請求金額としてはぎりぎり上限かなという気もします。

可能な限度で減額を申し出て、折り合いがつくところで示談、というのがいいでしょう。
加害者から減額を申し出ることは全く珍しいことではありませんから、
丁重にお願いしてみてください。

どうしてもダメであれば、50万払って取り下げてもらうか、払わずに処分を受け入れるかです。

弁護士を入れて結論が変わるようなものではないですし、
弁護士に払うお金を被害者にまわした方が得策です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問