JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1359
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

直属の課長から退職勧奨を受けました。 その後、会社の承認を得ない勝手な 行動であることが解りました。 もはや、

質問者の質問

直属の課長から退職勧奨を受けました。
その後、会社の承認を得ない勝手な
行動であることが解りました。
もはや、退職する必要は無いのですが、
直属の上司であり、何も無かったように
勤務するのは我慢できません。
会社と交渉して、会社都合の退職にして
もらい、退職金のほかに、精神的に苦痛を
理由にして、金銭補償を請求出来ますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

 離職理由の変更ですが、離職票が出ている場合は、本人記載欄に異議を記載することで、ハロワに変えてもらうよう申請はできます。

 

 しかし、会社都合離職であることの客観的証拠の提出を要求されることもあり、なかなか至難だと思います。

 

 会社都合であることが認定されれば退職金の割り増しも可能ですね。

 

 退職勧奨又は退職強要を理由とする不法行為による損害賠償請求(慰謝料請求を含む)が正道であると思います(労働局のあっせん、地裁の労働審判)。

 

 以上に反して、「退職する必要がない」場合に、在職しながら、退職勧奨による精神的苦痛を理由にした損害賠償請求は、これは論理的に成り立ちません。

 

 しかし、あっせん等で「会社としては今後このような不適切な労務管理のないよう努力する」旨の一文をとりつけることは可能です。金銭補償は復職・在職を条件とせず、やめることを前提としての場合が主です。

 

 ★雇用・労働の専門家たる社労士としての回答です(社労士法第2条1項3号 相談・指導)。具体的訴訟事件につき一方当事者に有利な法解釈の当否を論ずるものに非ず。

 

 

質問者: 返答済み 3 年 前.
会社は解雇を撤回していますが、私は精神的に苦痛だし、会社が信用出来ません。回答には、労働斡旋局へ訴えるように言っていますが、解雇が撤回されても受理して貰えるのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が遅い.会社の承認を得ずに退職勧奨した課長に対して、何らかの措置を取ることは出来ますか会社は課長が、勝手な行動をしたことは認めましたが、罰則をするなどの措置は取らず、放置されています。

法律 についての関連する質問