JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして。 先日、新居引越しに伴いヤマダ電気にてエアコン4台を購入し、後日現地見積もりに来ていただき、うち

質問者の質問

はじめまして。

先日、新居引越しに伴いヤマダ電気にてエアコン4台を購入し、後日現地見積もりに来ていただき、うち2台を取り付けしてもらいましたが、うち1台のエアコンが効かず、結果私の娘(7才)が熱中症になってしまいました。
その後も、暑い暑いと床の上で寝るなどといった不自由な日々を強いられました。

後日たまたま新居に施工主の方が訪れたところ、室外機の取り付けに不備がある旨指摘いただき、結果 室外機の設置不備が原因で上記の障害を受けたことが判明しました。
早急にヤマダ電機へ問い合わせ、謝罪とエアコンの撤去・返金を求めましたところ、謝罪には後日来ましたが撤去・返金に関しては未だ音沙汰ない状態です。

また、取り急ぎ4台購入のうち、室外機の設置場所がないため2台キャンセルになった分の代金に関してもいまだ返金に応じてもらえていない状態です。商品を取り付けもしていないのに料金だけ 徴収して、これは詐欺ではないでしょうか?

先日知人に聞いたところ、ああいった家電量販店は売ったら終わりでその後の対応が劣悪だとの話を聞き、さらに不安でいっぱいの状態です。

先日も電話をして先方に催促してみましたが、返事を濁されるばかりで、そればかりか設置の際には不具合が起こる可能性がある旨説明してから取り付けたなどど、嘘の弁まで主張してくるようになり、さすがに業を煮やしておる次第です。

うちの娘が先方の不備で苦しめられたというのに、とても不誠実な対応で悔しいやら悲しいやらで、この度 ワラをもすがる思いで相談させていただいた次第です。

まずは、未設置の2台分のエアコン代の返金を求め、その後現エアコンの撤去・返金とこのまま不誠実な対応が続くようでしたら、娘のことも踏まえて損害賠償請求も可能であれば視野に入れておりますがいかがでしょうか?

いまなお、精神的にも苦痛を強いられている状態です。
どうか助けていただけないでしょうか。

ご教授お願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.

弁護士です。

 

詐欺というのは、最初から騙すつもりでいた場合にのみ成立するので、

詐欺とまでは言えませんが、返すべき金銭を返していないことには違いありません。

 

質問者様のおっしゃるとおり、キャンセルとなったエアコン2台分については、

そもそも料金を徴収する必要、理由がないのですから速やかに返金するべきものです。

それを返していないのは問題がある、といえるでしょう。

 

損害賠償請求については難しいと考えます。

エアコンの設置不良と、娘さんの熱中症との間に因果関係があることが必要ですが、

・他の部屋に移動すればよかったのではないか

・エアコンがなくても熱中症にならない子どもはいる

といった反論が想定されます。

 

もちろん、これは相手の反論ですが、一般的に因果関係の立証は難しいので、質問者様も相当苦労するだろうということです。

 

しかし、

・エアコン2台分

・その他迷惑料として気持ち程度の金銭

は請求して然るべきといえます。

ウソの弁については、相手がそういう説明をしたことを立証できないでしょうから、

そこまで心配する必要はないですし、

仮に説明を行っていたところで返金を拒む理由にはなりません。

 

全部が全部、不誠実な対応をするお店というわけではありませんが、

大規模店にはそういう傾向があることは否めません。

 

これ以上、不誠実な対応が続くようでしたら、

「裁判にしますよ。」などと強く出た方が良いでしょう。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございました。

 

とても参考になりました。

 

ご指摘の通り、詐欺という表現は間違っておりました。失礼致しました。

 

因みに、娘の熱中症の件ですが「エアコンがあるもう一部屋に移動~」というお話がありましたが、娘は今年小学校に上がったばかりで、まだ一人では就寝できない状態で、現実問題として2階リビング隣の娘 兼 家内の部屋から、エアコンのある1階の離れたもう一部屋へ寝かすということは不可能な環境でありました。

 

また昨日、ヤマダ電気の弁護士なる者から「通達書」なるものが送付されまして、エアコンの撤去と返金には応じられない旨連絡がありました。

法的根拠・理由などは一切記載されておらず応じられないのみの記載で納得のいく文書ではありませんでした。

それ以前に、被害を被って困っているのは当方にもかかわらず、ずいぶんな手を使ってくるものだなと憤りさえ感じております。

 

今後どのようにすれば良いか素人の私には、わからず困っております。

ただ、これまでの伝票などに目を通してみたのですが、エアコン工事は資格者が行うべき内容だと思いますが、今回の工事終了書には明らかに実際工事をした者ではない者の氏名が記載されており、有資格者が本当に工事をしていたのか非常に疑わしいこともわかりました。

一応、念の為にと現場の証拠写真や会話の録音もとってあるのですが、今後の対応などご教授いただけましたら幸いと存じます。

 

では取り急ぎ、お礼とお返事まで。

 

失礼致します。

 

 

専門家:  jo-ban 返答済み 3 年 前.
ずいぶんと誠意のない対応ですね。

もし、強気に行きたいのならこちらも弁護士を立てるか、ご自身で裁判にするしかないでしょう。
相手に弁護士がついた以上、簡単に支払いに応じるとは考えにくいです。

娘さんの件ですが、そのことを相手に説明していたかが問題となります。
そのことを理解した上で設置をしたか、知らないで設置をしたのかで結論が変わってくるのです。

法律 についての関連する質問